アメリカのプロスポーツと中国強い中国vs弱まるアメリカ

2018年11月13日

嫌日国より親日国

7ca0a2bb外務省による「海外における対日世論調査」ってのがあるんですが、こちらは正式な調査データということで、ここで書くことはあくまで個人的見解です。

日本には嫌韓って方々がいますよねえ。私は韓国大好きですから嫌韓って意思表示する方には、嫌いなら話題にもしなきゃいいのにって思ってます。なぜ嫌いかなんて説明されても周囲が説得されるとは思いませんしね。

だから安倍総理の「嫌いっていうなら対話しない」って政治姿勢は素晴らしいと思ってました。「中国も韓国も日本を嫌いって言ってるから会わない」ってヤツね。先日総理が中国を訪問したのって自民党に政権交代して初ですよ。1回も行かなかった。

それより、親日国を大切にするべきだと思うのです。人口2.6億人のインドネシア、人口9千万人のベトナム、人口7千万人のタイ、3千万人のマレーシアで4.5億人でしょ。韓国の人口なんて5千万人ですから全然レベルが違う。パキスタンも加えれば6.5億ですよ。

トルコ・台湾・モンゴル・ウズベキスタンってな感じで親日国を足しあげていけば、日本が勝負できる市場は山ほど広がる。ジャカルタなんて無数にある巨大ショッピングモールのフードコートには、吉野家・大戸屋・ココイチ・一風堂・大阪王将ってな感じですよ。

これ、10年前では考えられなかった状況です。日本が長く続くデフレで停滞を続ける中、アジア各国は急成長を遂げが豊かになったからで、日本と比較してはるかに安い出店費用で、圧倒的に大きい売上が確保できるとASEAN各国への進出が激増したからです。

ちょっと今回の徴用工判決では国民感情に司法が流される韓国という国に失望しちゃいました。親日国が山ほどあるのだから、自分自身もそっちを向いて行こうと決意した次第です。


gq1023 at 06:55│
アメリカのプロスポーツと中国強い中国vs弱まるアメリカ