酒酔い機長近所のお寿司屋さんのアルバイトが年間チャンピオン!

2018年11月03日

制度の複雑化について

9da194cb.jpgこの国って頭のいい人が多いから集まるとバカになる的な物が多いように感じます。

消費税の8%と10%の線引きって分かりました?イートインは10%で持ち帰りは8%。ショッピングセンターのフードコートの店内飲食は10%だけど、中のスーパーで買ってきた弁当をフードコートの席で食べると8%。フードコートの持ち帰りは8%。分からん!

低所得者対策としてポイント制度を導入するとか、キャッシュレスでポイント還元とかバカみたいな話しだらけ。根本的な話しですが、こんも国には所得の確認方法がないじゃないですか。そもそも徴税手法が確立されてない。

スマホの料金プランだって全然分からない。auですと「ピタットプラン」と「フラットプラン」をお選びいただいて「スーパーカケホ」または「カケホ」を組み合わせる形です。「2年契約」に「スマートバリュー」で・・・ってな感じ。アホみたい。

広告代理店が考えるプロモーションプランも訳がわからん。「スマホのアプリをダウンロードして広告ポスターにかざすとVR体験できる」とか有り得ます?アプリなんてダウンロードしねーよって感じでしょ。VRなんてアダルトビデオ用ですよ。

「コンビニで700円以上の対象商品買うと三角くじの抽選で賞品が当たる」とかってバカ丸出しですよね。オペレーションが遅くなるもん。列で待ってる側からしたら「クソみたいなキャンペーンやりやがって」って感じですよ。抽選箱のロゴ見て嫌われる感じね。

全部シンプルに行きませんか?消費税なんて10%でいいんですよ。低所得者は大してお金使わないから大して納税しないし、お金持ちはガンガン使うから納税するんだから。

200万のロマネコンティは持ち帰れば消費税2%分の4万円浮くわけですよ。だからって金持ちが必死に持ち帰って自宅でパーティーするとは思えない。家族4人で月の食費が6万円の家庭で消費税2%分と言ったら1,200円ですよ。1日40円。そのために高額なレジ買わされて、レジ係は教育受けてっておかしくないですか?

もうすぐ年末調整の時期です。なぜか会社で社員の税金調整させられます。こんなのアメリカだったら各自が自分でやるんだから。私だってカナダに住んでた時は10代の時から申告書書いてタックスリターン(確定申告)やってましたよ。当たり前の義務ですから。

日本じゃ大企業に勤めてる人でも全く制度分かってませんよ。年末調整が何かとか源泉徴収の意味とか分かってない。分かってないのいいけど、企業側はその社員が分からない手続きを全部やらされてる。これもシンプルにして欲しいなあ。

毎月、たった10名の会社なのに住民税を7カ所に収めます。品川区・大田区・世田谷区・江戸川区・豊島区・秋川市・川口市。めんどくせー。こんなの社員が各自で収めろって感じです。シンプルにして欲しいなー。

いろいろ憤ってる全日本ロードレース最終戦MFJ-GP鈴鹿予選日です!

gq1023 at 06:22
酒酔い機長近所のお寿司屋さんのアルバイトが年間チャンピオン!