今年も素敵なお知らせがやってきました韓国自動車業界が危険水域に

2018年10月28日

安倍総理の我慢勝ち

izumo前にもこのブログで書きましたが、安倍政権の外交的姿勢は「敵対するなら無視」に見えます。関わると外交交渉になる。でも日本側には文句はないのでイヤなら手を切るって作戦なんでしょう。

「なぜ首脳会談をされないんですか?」
「門戸を閉ざしているわけではありません。私は先方からの申し出があればいつでもお会いすると言い続けているわけですし、国際会議の場でも短時間とはいえお会いしていますので、その表現は正しくない(!)、と思います。」

いつもの腹立っちゃった時の安倍口調ね。ムカっと来ると目の前の記者を否定しちゃいそうになる。「その表現は正しくない!」って言いきりたいんだけど、考え直して「と思います」って付け足すんですよねえ。気持ちが見えちゃって面白い総理です。

まあ中国にも韓国にも北朝鮮にも一貫して同じ姿勢でして、何があっても「我が国の姿勢は一貫してるわけですから、国際社会と協調してそのことをしっかりと訴えていく(!)、それにつきると思います。」って感じですよ。

各国の我慢比べですが、「どうせ日本の総理なんてすぐ変わるから」と思ってたと思うんですが、変わったのは韓国の大統領ばかりで、日本は安倍総理のまま。しかも自分でルールを変えて任期を延ばしてきた。この調子なら4期目もあるかもって感じですよ。

とうとう民主党政権下で行った前回の首脳会談以来の日中首脳会談を、訪中して実現するに至りました。中国もアメリカと対立している中で日本を無視できないし、会いたいって言わと来ないってのも中国首脳は分かってたでしょうからね。

それにしても長かった。あの中国漁船の酔っぱらい船長が海上保安庁の船に体当たりして身柄を確保されたのに、商社出身の当時の中国大使は夜中の呼び出しにホイホイ出て行って謝罪し、外交に不慣れな民主党政権がおとがめなしでかえしちゃった。それから8年ですよ。

中国大使は夜中に呼び出されたら「失礼だ!」で終わりでいいと思うんです。相手だって来ないと思ってクレームだけ入れてるんだから。政府だって「三権分立」でいいんですよ。「日本は司法の元で裁きが下されるのであって政治的解決はない」ってね。

さあ、あとは北朝鮮だけですが会談するんですかねえ。総理は法改正して自衛隊を合法化するって言ってますからねえ。日本版海兵隊も発足させましたからねえ。F35やオスプレイの導入も決まりですしねえ。いずも型護衛艦と称して空母も就役させましたしねえ。

大した我慢戦略だと思いますが、拉致被害者だけは早急に帰してもらうのが当然の話しだし、その交渉は政府にしかできないわけで、我慢もいいけど行動するなら結果を伴う形にして欲しいと、他人事ながら本気で願ってます。

gq1023 at 08:22
今年も素敵なお知らせがやってきました韓国自動車業界が危険水域に