タレントの独立騒ぎについて今年も素敵なお知らせがやってきました

2018年10月26日

日本国民に次ぐ

f036fefb.jpgNHKの朝ドラ「まんぷく」を見て思ったことです。そこにはアメリカ軍が空からバラ撒くビラを拾う人々と、それを見て疎開する日清食品創業者の百福夫妻が描かれていました。

第二次世界大戦当時、アメリカは日本になぜ原子爆弾を落としたのか?なぜ大空襲を実施したのか?そこが日本で議論されてない気がします。理由は単純で、降伏しなかったからですよ。アメリカではそう習います。

アメリカは空襲前に「あなたの都市が次の目標です」や「これは爆弾であり得たのです」のビラを大量に投下しました。もちろん原子爆弾投下前にも「原子爆弾を開発した」「一発でB29二千機がいっきに投下する爆弾に匹敵する爆弾」等のビラを撒いてます。

当然、都市部が空襲にあってることは日本国民の誰もが知ってたわけで、軍部も知ってたのですが、軍部は国民に「デマのビラを回収し誰の目にも触れさせるな」程度のお触れで、まんまと従順な国民は真面目にビラを回収して都会に居続けたのです。

今も政府の指示に従順に従う国民性は維持しています。何十年も続くデフレで収入が増えない中、支出だけは増えてます。他国にデフレはないですから、気が付けば東南アジアの所得と日本の所得が変わらないレベルになりつつあります。でも国家に逆らわない。

指導者の間違いに気づかない国民に未来はない。戦争による大損害を受けた日本国民が、いまだに当時の政治家達の子孫を当選させ続け、その人々の愚策に振り回されているのを見ると、未来を悲観せざるを得ません。

増え続ける社会保障費は解決の手立てもなく、当時の軍事費と重なります。病院・医療関係者・薬局・整骨院・介護施設と社会保障費にぶら下がる人々は増え続け、その費用は未来の子供たちにつけまわしています。でも国民はそれを放置しています。

いやー、日本人あっぱれですよ。ビビらないし悲観してないもん。プーチンさんが任期を終えて再登板したのを独裁化って言ってましたが、総理は自民党総裁任期自体を伸ばしました。でも日本人は独裁と思ってない。素晴らしい!今朝はちょっとそう思いました。

そういえば、昔サイパンで乗ったタクシー運転手さんが、「島全体を取り囲んだ戦艦から艦砲射撃受けてるのに竹ヤリで対抗したからねえ。勝てないよねえ。弓ならまだマシだったかもねー」と言ってたのを思い出しました。

まあ日本人は命令されるの好きですからね。アメリカのビラが命令口調だったら違ったんじゃないかと思います。もっと恐怖をあおる北朝鮮みたいな「一面火の海となるだろう!」みたいなヤツね。面白い国で面白い国民です。

私が日本で仕事を始めた頃は、まだまだ百福さんがご健在でした。日清スポーツ振興財団という団体を通じて、様々な方面で日本人の海外進出を支援されてました。バイクレースにも多大なる支援をされてましたよね。

当時はアドシャープというハウスエージェンシーを通じて様々な事に関わらせてもらいました。ご葬儀は大阪ドーム。没後数年で行われた生誕100年事業に関わらせてもらった時は感謝でした。そして今、朝ドラを見させていただき感動してます。


「国民は敵の謀略に恐れるな」
敵国が上空から配布する種の謀略は巧妙になる。それに恐怖や脅威を感じてはいけない。防空訓練を守りいざ空襲の際には防空鉄桶陣を敷いて戦え。

「日本国民に次ぐ」
あなたは、自分や親兄弟友達の命を助けようとは思いませんか。助けたければこれをよく読んで下さい。これは爆弾でもあり得たのです。 数日内にこれらの都市を米空軍は爆撃します。人道主義のアメリカは罪のない人達を傷つけたくはありません。ですから都市から避難して下さい。

gq1023 at 04:57│
タレントの独立騒ぎについて今年も素敵なお知らせがやってきました