仕事ってのはキャパを広げることなのかもなんのための広告なのか

2018年09月23日

イオンファンタジー最高益

イオングループの店舗でゲームセンターを運営するイオンファンタジー。商業施設の広大なスペースのうち、空いている場所にゲーム機を設置する形のビジネスで、3-8月期は2年連続の最高益だそうです。

おそらく全国各地でゲームセンターがドンドン消滅しているはずです。これだけ無料のスマホゲームが普及すると、そりゃあゲームセンターに行かないですもん。今のゲーセンはプライズゲームと言われるUFOキャッチャー等のクレーンゲーム頼みです。

ではなぜイオンファンタジーの業績がいいのか?それは単純に「ゲーセンにしかできない空テナントスペースの増加」なんだと思うのです。ショッピングセンターってのは、床だけ作って家賃収入を得るってのが一番ですよ。だけど今の大規模商業施設はどこも不振。

だいたいショッピングセンターの大半は衣料系店舗ですよね。そこが極端に売れなくなってる。ファストファッション系に人気が集まってたのが10年ほど前。海外からも様々なブランドが上陸しましたが、今や撤退が相次いでます。

テナントスペースの大半を占めていた衣料系で退店が相次ぐと、結果として空きスペースが出てくる。「ゲーム機でも置いてもらって売上歩合でももらうか」って動きになってるような気がします。

うちの近所に業務スーパーができました。自転車で15分ほどの距離にはOKストアもあります。地域で人気だった東急ストアやオオゼキの客数に顕著に変化が出ていると感じます。

食品ですら1円でも安く買いたいって時に、洋服なんて買わないですもんね。有料ゲームなんてやらないですよね。商業施設系ゲームセンター運営会社の数字が伸びていれば、それだけ親会社の商業施設が危ないってサインなんじゃないかと感じてます。

gq1023 at 06:45│
仕事ってのはキャパを広げることなのかもなんのための広告なのか