10年落ちのスーパースポーツビゴさんが亡くなりました

2018年09月19日

アメリカvs中国の関税合戦

トランプ大統領が中国製品に対して関税をかけては、中国がそれに応酬するってのが続いてまして、とうとう第三弾目となりました。今年7月のは中国製品340億ドル分でしたが、今回のは2000億ドル分なんで規模が違います。

しかし、どれだけアメリカが関税かけても中国がすぐに応酬するので終わりません。
今回は10%でしたが中国が引き下がらなければ25%まで引き上げるとしていますが、原料も製品も中国からの輸入に頼るアメリカは、相当ダメージを受けることでしょう。

ただ、アメリカ国民の4割はこの政策を支持してます。この支持者層がトランプ大統領の支持者層ですから、どんどん関税をかけ続けるでしょう。税収が増えるってメリットもありますしね。

ただ、アップルやマイクロソフトだって製品の大半は中国製でしょ。洋服だってそうですよねえ。中国製電子機器の大半に日本製品が使われてますから、日本企業もダメージ受けるでしょうが、圧倒的にアメリカ国民のダメージが大きいと思います。

自由貿易の時代に逆行するトランプ政権。これで中国からの輸入品の75%に関税がかかるらしいですから、年内には100%になるかもですね。中国の航空会社がボーイングをやめて全部エアバスにしたら大損害被るのは中国ですけどねえ。

gq1023 at 06:46
10年落ちのスーパースポーツビゴさんが亡くなりました