昨日も良く飲んだ!勤務表・シフト表

2018年08月26日

ジャカルタのブロックM

7ca0a2bb.jpg先日アジア大会に出場していた選手が、日本代表ユニフォームで買春行為をして緊急帰国になってましたが、あの場所こそがジャカルタのブロックMです。交通の要所でバスターミナルがあり、現在建設中の鉄道もここを通ります。

以前からショッピングエリアとして栄えていますが、夜になると繁華街へと変貌します。そんなわけで日本人ビジネスマンだらけ。だからそれ目当ての日本料理屋や両替所が集まってる。まあジャカルタに出張で行けばブロックMに行くのは普通のことです。

以前はコンビニで普通にお酒が買えたんですが、今は売場面積400平方メートル未満の店舗では販売禁止。大きなスーパーでもインフォメーションやサービスカウンターといった有人の場所でしか売られてなかったりします。普通の陳列棚や冷蔵庫には並んでません。

そんなわけで酒は値段も高いです。お酒は特別なものとして滞在中は飲まないって決めることが出来る人はいいですが、飲みたい人って結構いると思うのです。出張族はどうするかと言うと日本から持参します。そして飲食店にも持ち込みます。これ常識。

そんなこんなで持ち込みの焼酎やウイスキーを持って日本語も通じる食事の場所へ。となると連れていかれるのがブロックM。そこで出るのが「カラオケ行ったことある?」です。まあどこも同じですが、アジア各国で見るカラオケですよ。

「ユウジロウ知ってる?」ってのがパターンですかね。「知ってる」と言ったら「歌手じゃないよカラオケだよ」ってなるし、「知らない」と言ったら「絶対行ったほうがいい」ってなります。これいくつもあるカラオケ店の名前。そして行くことになる。

どどーんと並んだ女の子数十人の中からお気に入りの子を数人選んでカラオケタイム。六本木等の繁華街にあるカラオケ館等と大して料金は変わりません。席料と部屋料と女の子のコーリングチャージとフード&ドリンクです。1人1万円覚悟すれば何時間も楽しめます。

ただ、その値段なのにお触りできちゃうんですよ。ここからが重要。

お触りしてるうちに女の子が「朝まで連れていけ」と言い出します。「大好きになっちゃった」とか「こんな明け方に開放されてもお客さん来ない」とかいろいろ言います。そして「1万円でいいよ」ってな話しになって、連れ出さざるを得なくなります。

一緒に案内役がいて「何にもしなくていいからホテルに帰る時に連れて行ってあげて」なんて言われたら、「まあケチくさいこと言うのもなんだしなあ」ってな感じで連れて帰ることになりがちです。

昔は日本とインドネシアのレートが全然違ったので、1万円で食事してカラオケ行って女性もお持ち帰りって感じでしたが、今でも3万ぐらいですよ。安いって感じる人がいるのは分かります。だけど、そういうのって良くないですよねえ。

私の場合は宿泊を相部屋にしてます。個室だと連れ帰りかねないですからね。それと、相部屋なら相手が証言してくれますから。相部屋にした社員が朝帰りってのがあったのも事実ですが、まあそれは置いておきましょう。

そんな場所なんです。日本代表で海外遠征でしょ。行った国のカラオケ屋の入り口にセクシーな女の子が30人並んでて「どれでも好きなの選んで」って言われたらテンション上がりますよ。数時間一緒に飲んだら「好きだから今夜だけは一緒に」って言われたらねえ。

そういうことですから、若い選手を引率して海外遠征って時は周囲が気を付けてあげてください。私も大学生と一緒にジャカルタ出張しましたが、ちゃんと事前に行ったらアウトと説明しましたよ。「自覚をもって行動せよ」では無理なんじゃないかと思ってます。

gq1023 at 06:58
昨日も良く飲んだ!勤務表・シフト表