村山モータース破産バイクが売れない

2018年08月03日

今ある仕事に就くということ

sumaho先日、うちの塾の挨拶分にも書いたのですが、「厚労省の少し前の資料」に未来の仕事について発言したアメリカの大学教授発言が採り上げられてるんですが、非常に興味深いです。

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子供たちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」(ニューヨーク市立大学教授キャシー・デビッドソン氏)

この発言があったのが2011年。ちょうどスマートホンが出てきた頃ですよ。普及率は1割程度でした。今や世の中の携帯電話の大半がスマホになっちゃいました。二つ折りのガラケーが流行ってたのってほんの数年前なんですけどねえ。

阪神大震災前後に普及したのがパソコンと携帯電話。年代で言えば95年ですから約20年です。その前はパソコンも携帯電話も一部の人の物でした。ホームページなんて超マニアの世界。ワープロ全盛期ね。まだまだパソコン通信なんて普及する前の話しですよ。

その頃に圧倒的シェアを誇ってたのがハードではNECのパソコン98シリーズ、ソフトではジャストシステムの一太郎です。携帯電話に写真撮影機能やメール機能はなく、着信番号通知が最新装備。電話帳機能は100件って感じでした。

表計算ソフトとか文書作成ソフトって一太郎かロータス123だったんだすが、今やマイクロソフトのワード・エクセルが当然ですよね。そんな時代になるなんて想像だにしませんでしたよ。

そこからほんの20年のうちに何もかも変わりました。サーバー管理者、ホームページ制作、スマホページ制作、ネット通販会社、昔はなかった仕事オンパレードですよ。プロ野球にはソフトバンク、DeNA、楽天なんて球団が登場しちゃってます。ZOZOも参入かな?

今ある大企業に就職するって事に意味があるのか?って質問には明快に答えられます。絶対就職したほうがいい。なぜなら社員教育制度が充実しているからです。だけど、終身雇用って時代は変わるかもですね。時代の移り変わりが早すぎますから。

スターバックス、アマゾン、ニトリ、ユニクロ、ソフトバンク・・・、私の世代が大学卒業して就職活動してた90年前後にそんな選択肢ありませんでした。BMW乗ってマハラジャやジュリアナに行くのがカッコよかった時代ですよ。時代は変わるってのを実感します。

当時はまさかニコンやキャノンの経営を揺るがすまでスマホのカメラ機能が成長するなんて考えませんでしたからねえ。音楽プレーヤーがここまで需要なくなるとは予測しませんよねえ。だってそもそも携帯電話やポケベルが普及してないんだもん。

なので、大学生のみなさんには「今ある仕事に就くってのは意味あることだと思いますが、その仕事を一生やるかどうかってのは軽く考えたほうがいい」と言ってます。

今一番怖いのは、オックスフォード大学准教授のマイケル・A・オズボーン氏が数年前に
発表した論文「未来の雇用」にある「今後10〜20年程度でアメリカの総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高い」って事でしょうね。まもなく自動運転も実用化ですから。

私が広告の世界に入った頃、ちょっと上の先輩たちが「コピーライターとかCMプランナーなんて仕事なかったんだよ。俺らが適当に名付けただけ」と言ってました。もしかしたら、昔から世の中ってのは新しい仕事が創るのが当たり前だったのかも知れませんね。


gq1023 at 06:28
村山モータース破産バイクが売れない