オーランドに来ました昨年はディズニーワールドをなめてました

2018年07月23日

The HALL of PRESIDENTS

9fbfe82c.jpgディズニーワールドの新アトラクション「The HALL of PRESIDENTS トランプ版」を見て来ました。完全になめてました。凄すぎてアメリカ好きになっちゃいました。

アメリカ人て超アメリカ好きなんです。街中国旗だらけだし、ばかみたいに大きな国旗が普通の家庭にもある。

そしてここがポイントなんですが、多民族国家だからその国旗好きを利用して、各国の人々がアメリカ国旗を作って売ってるんですよ。スリランカ製、中国製、ブラジル製みたいにね。アメリカ製は値段が高い。

昨日買ったスリランカ製の水着にも星条旗がついてます。まあ南東部ですからアメリカ至上主義的な部分は強いのですが、トヨタのタンドラに乗って「これはテキサス製なんだアメリカ凄いだろ!」なんて言われたりして不思議な感覚です。

そんなアメリカ人のアメリカ好きをくすぐるアトラクションが「The HALL of PRESIDENTS」です。スーパーワイドスクリーンを使っていて「裸眼3D技術を駆使した映像なのになぜ3Dメガネをつけさせないんだろう」と思っていたら、エンディングでびびりました。

なんと歴代の全大統領を動くロボットで再現してます。動くなんてもんじゃない。指先まで動くんですよ。そしてバラクオバマやドナルドトランプの肉声に合わせて全ロボットが動くのです。

うーんアメリカすごい!そして日本では豊島園だろうがひらかたパークだろうが、総理大臣なんてアトラクションはできないだろうと逆の意味で感心しちゃいました。

まあ、宇野総理とか首相就任直後に神楽坂芸妓の告発で事実上のクビ。選挙直前の首相スキャンダルで改選前69議席を36議席まで落とした奇跡の選挙でした。そんなヤツをアトラクションで紹介できませんもんねえ。

当面、フロリダでいろいろ吸収したいと思います。

gq1023 at 19:49
オーランドに来ました昨年はディズニーワールドをなめてました