さすがに暑いダムの放水

2018年07月19日

熱中症対策の都市伝説

なぜか熱中症対策と称して適当なコメントが増えてます。「こまめな水分補給を」とか「日陰に入って」なんて言ってますが、ぶっちゃけ対策方法は分かってません。すべてが都市伝説のたぐいです。

昔は日射病と呼ばれてました。だけど、炎天下じゃなくても発生することが分かって熱中症と言われるようになってます。発症場所は40%超が屋内ですから、日陰に入っていれば大丈夫ってことはありません。水分補給していても発症した例が多数です。

救急搬送の状況を見ると25度から発生していて、28度を境に増えて行き、 35度台では湿度が50%程度でも搬送者がいます。年齢的にはお年寄りと子供たちが危ないことが分かってます。データ的にはそうですが、発症メカニズムは不明です。

小さな子供は代謝が激しいので多くの汗をかきます。寝ているだけでビシャビシャですから。しかも体重が軽いわけで、体重の2%の水分流出を基準にした場合、一般的な大人が体重60kg平均だとして1.2kgの汗だとすると、7歳児の平均体重は25kgですから500gでアウト。

夏場に体重が1.2kg落ちる運動ってジョギングで言えば15分で十分ですよ。子供で500gの汗に注意と言うと同じように10分活動したら余裕で危ない。まあ5分で休憩でしょうね。

子供たちは何人か集まると休憩時間もはしゃいでるので休憩にならないから、それも注意ポイントです。あとはアスファルトの上を歩く時に注意ですね。背が低いから道路の熱をまともに受ける。ダメージを受けやすいんですよ。

寝ているときは汗をかくのでとくに要注意。睡眠不足が熱中症対策というのもウソです。寝ている時こそ喉が渇いても水分補給できないので危ない。

はっきり言って、熱中症対策なんて実効性のある物はないと思ってます。暑くなると人は死ぬ。「うわっ死にそう」と感じられる年齢の人々はいいけど、「まだまだ大丈夫」と思っちゃう子供や老人はとくに危ないってのが現実だと思います。

まず間違いないのは塩分。塩分が足りないと脱水になります。確実にできるのは塩分補給なんで、子供と老人には塩を食べさせるべきだと思います。

まあ31度超えたら運動厳禁ですよ。環境省のサイトでもそう書いてます。夏の選抜とかスポーツの夏合宿なんて虐待みたいなもんですよ。昨日だけでも多数の児童が熱中症搬送されてます。熱中症対策なんて全部都市伝説であると認識するべきだと思います。

そんな中ですが、今年も鈴鹿8耐が開催されます。前回にアツアツだった8耐ではブーツのソールがはがれまくりました。何が起きるかわかりませんので、ライダーだけでなく、ピットクルー・観客・運営スタッフに至るまで注意して楽しんでもらいたいと思ってます。


gq1023 at 07:08
さすがに暑いダムの放水