あーワールドカップ毎度おなじみの災害支援物資問題

2018年07月16日

人命と財産が流失する事態

4c380ba9.gif今回の西日本豪雨災害なんですが、東京ではあまり実感値のあることとして理解されていないような気がします。土曜日は荏原第一地区の品川区民まつりでボランティアしてましたが、挨拶者の誰からもその話しは出ませんでした。

災害としては巨大なもので、地震と違って現在進行形ですので、次の大雨で再度同じ危険が来ないとも限りません。行方不明者の多さは津波レベルです。人命と財産が流失する事態というのは大変なことだと思うのですが、なんで他人事なんでしょうねえ。

少なくとも区長とか挨拶で災害について言及して欲しかったなー。岡山県は「晴れの国おかやま」というキャッチフレーズで30年間展開してるんですが、年間日照時間が長いとか災害が少ないとか言って来てます。でも油断しちゃダメだってことを感じました。

土砂崩れ・土石流・堤防決壊・越水・・・、豪雨時は何が起きるか分かりません。今回は全部発生しました。東京なんて河川を地下の暗渠にしちゃってるから排水性能は非常に低い。ゲリラ豪雨程度で渋谷なんて水浸しです。豪雨になったらひとたまりもない。

同じ雨量が東京に来たらどうなるかのシミュレーションできてるのかなあ。備えあれば憂いなし。備えなければ憂いばかり。なんか不安な感じがしてます。

gq1023 at 07:06│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
あーワールドカップ毎度おなじみの災害支援物資問題