災害のたびに自己嫌悪・・・議員内閣制

2018年07月11日

赤坂自民亭

81a5c3b3.jpg自民党議員の懇親会「赤坂自民亭」という懇親会が話題になってるのを報道で見ました。安倍総理・岸田政調会長・竹下総務会長・上川法務大臣・小野寺防衛相らが出席していたとのことです。

中身は議員宿舎の会議室で、各議員持ち寄りの酒や食べ物で楽しむ懇親会だそうで、第1回は2013年の開催。今回で27回目とのことですから、年に5回ほど開催されるものなのでしょう。写真を見てもゆるい会であることは伝わって来ます。ただ、開催されたのが5日の夜だったことから話題になってます。

この5日には14時に気象庁で緊急記者会見が行われ「記録的な大雨になり災害への警戒が必要」という主旨が発表されました。ただ、この発表をした予報課の黒良予報官がグダグダで緊張感が伝わりにくかったのは事実です。どっかに映像ないかなあ。

気象庁が台風以外で事前に記者会見するのは非常に珍しいので、それだけ切迫した危機があったんだと思うのですが、もうちょっと話せる人にしたほうが良かったかもですねえ。本気で焦ってたからグダグダになっちゃったのかも知れませんがね。

ただ、5日って木曜日ですよ。その夜に身内の懇親会は中止にしないでしょ。大雨の被害が出始めたのが21時頃ですよねえ。大雨特別警報出たのって翌6日の17時過ぎですよ。それも懇親会の主催者でもなんでもないわけですしね。

5日の安倍総理の動きを見ると以下の通りです。
・午前中に歯医者へ行って午後はずーっと仕事
・18時〜23分 ホテルオークラの国際シンポジウム「アジアの価値観と民主主義」で挨拶
・18時30分 公邸にて同シンポジウム出席者との首相主催の夕食会
・20時22分 公邸にて元フィリピン大統領のアロヨ氏等見送り
・20時28分〜 衆院議員宿舎で若手国会議員と懇談
・21時19分 報道各社からの「懇談はどうだったか」に「和気あいあいでよかった」発言
・21時38分 私邸着

「赤坂自民亭」ってのが懇談ってヤツでしょうから、会場到着から記者インタビューまで全部入れても50分。大騒ぎする話しじゃないですよ。

「山口県を地盤とする総理が獺祭を持参して、広島を地盤とする岸田政調会長が東広島の日本酒賀茂鶴を持参。次の総裁選候補が揃って自民若手にアピール!」って記事を書いてもらうために番記者サービスで顔出ししたんでしょうねえ。

6日の大災害を5日夜に予測して知り合いの若手が企画してる飲み会への顔出しを中止にすべきだったという批判については、個人的にはおかしいと感じてます。まあ、宴会終了時刻あたりには、床下浸水も出てましたけどね。

だいたい総理や大臣って毎晩数件の飲み会に顔出ししてるわけで、行かなきゃ相手側にとってはドタキャンになるわけですから迷惑がかかる。大きな災害がおきてる時に宴席に参加してたと批判する事自体がおかしいと思います。あくまで個人的な見解でした。

gq1023 at 07:22
災害のたびに自己嫌悪・・・議員内閣制