ヘリコプターでの救助災害のたびに自己嫌悪・・・

2018年07月09日

避難所開設など

避難所って誰が開設するんでしょう?小学校や中学校には誰もいない時間がほとんどです。生徒がいれば先生方は生徒を返す作業をします。校長や副校長も住み込みじゃなく通勤してるわけですからいない時間が大半です。

つまり、避難所は地域住民が開設するんです。災害時に私が自宅にいて幸いにも生きていれば避難所開設する地域の一員でしょう。だけど、知らない人は受け入れないと思いますし、食事を作って提供することもないでしょう。やってやる義務はないですから。

そんなわけで地域の人々との交流は重要です。町会活動や自治会活動にはできるだけ参加して、顔なじみになっておくことが、万一の際に命を守ることにつながると思ってます。

まだまだ被災地域では避難できず自宅や近くの施設で救助を待ってる人々も多いようです。高梁川の支流である小田川の浸水がよく映像に出て来ますが、旭川水系も各所で浸水や土砂崩れがあって大変な人々がいます。

被災者というと他人事ですが、今回は知人が被災していてそのうちの一部は深刻な被災なので、エアコンのない状況下で家に入り込んだ土砂を出す作業をやってるそうです。熱中症にも気を付けて作業して欲しいと思います。

だいたい災害が発生するとすぐボランティアに行くのですが、今回の土日は東京で待機しました。交通機関と道路網が滅茶苦茶なのであきらめましたが、状況が改善したら少なくとも知人への差し入れには行きたいと思います。欲しいものは犬猫の食事だそうですけどね。

gq1023 at 06:16
ヘリコプターでの救助災害のたびに自己嫌悪・・・