元TOKIOのタレント事件東京都の受動喫煙防止条例可決

2018年06月27日

ハーレーの生産海外移転

e6376919.jpgトランプ大統領が打ち出している「鉄鋼輸入制限」や「自動車に大幅の関税をかける」って施策ですが、やり方的に即報復関税となるわけで、アメリカ企業にとって良い結果を生むわけはなく、真っ先にハーレーが動きました。

鉄鋼の輸入制限はいいのですが、ハーレーなんて鉄の塊なんで、単純に原料の値上げにつながりますよね。そこに販売面でも関税かけられたらひとたまりもない。最大の輸出国である日本ではハーレーの売上不振が続いていますが、まあどの国で見ても高すぎます。

安くて100万。パパサンと呼ばれるIRON883で130万以上。それでもアメリカで製造してたら人件費世界一の国ですから利益は大して出ないでしょうねえ。KTMみたいに入門用は海外で製造すればいいと思うんですけどねえ。

それにしてもアメリカ製品の代表としてトランプ大統領が持ち上げてたハーレーが、早々に海外生産移転を発表したのは痛快ですね。アメリカの製造業復活は絵空事と言ってるようなもんです。

ハーレーは売上不振からカンザスシティ工場を閉鎖しヨーク工場のみにすると発表されてますが、閉鎖した工場の機械を海外工場に持っていけばいいですもんね。

BMWが中型免許で乗れるG310Rを出して来たんですが、この価格が60万を切ってます。生産国はインドですが、この価格は魅力ですよね。ハーレーも同じ価格帯のがあるとうれしいなーって思ってます。


gq1023 at 05:53│
元TOKIOのタレント事件東京都の受動喫煙防止条例可決