第一プロって倒産したんですねサッカー日本代表スイス戦を終えて

2018年06月08日

目の前に広がる日常の異常

7c1e85ba.jpg是枝監督の万引き家族がパルムドールを受賞して思ったのですが、普通の家族に見える人々の裏には誰も知らない秘密が隠されてると感じます。それを多くの人々は分かっているけど目をそらして生きてる。

例えばサラリーマン。ほとんどの人は、社内的には一生懸命仕事やってるように見せてるけど実はサボりまくってるのが普通ですよ。仲間内で飲みに行って話すのは会社批判&共通の敵批判ばかり。それでいて家では「お父さんは仕事で大変だ」なんて言ってる感じね。

自分に都合の悪いことは全部ウソで塗り固める人も多い。部下の手柄は独り占め、自分のミスは人のせいってサラリーマンも多いでしょ。

学生が「一流企業に入りたい」って言うのは、その頭に「楽したいから」が付いてるでしょ。「死ぬ気で働きたいから」とか「世界を舞台に戦いたい」なんてのは面接用の方便でしかない。そんなのが入社しても働くわけない。だって最初から楽したいんだもん。

まあ子供の頃からウソだらけですよね。親に「勉強しなさい」って言われたら、表面的に勉強してることを装う。授業で先生に当てられて答えられない場合の大半は最初から授業を聞いてないからなんだけど、聞いてたけど分からない的な態度を装いますよね。

夏休みの宿題提出だって、夏休み中終盤まで何もやらずに最後に追い込む。最後の2ページぐらいは新学期始まってからやるんで初日に提出できない。だけど、宿題終わってたのに持ってくるの忘れたフリしたりするわけですよ。子供のころからずる賢さが身についていく。

野球の練習でも「町内走って来い!」とか言われて出かけるんだけど、見えない所で手を抜く。教えてるコーチも野球経験者っぽく見せてるけど全然素人だったりして、まあ世の中ウソだらけの中で生きてると思うんですよ。

法律では売春禁止とか言ってるけど、それを取り締まる側の警察がソープランドやデリヘル等の風営法の営業許可出してるわけですよ。客だってソープランドって名乗ってて本番なかったら激怒しますよ。

三ツ星レストランの料理長とか和食界の鉄人とか美容院のカリスマとか言っても、結局現場にやらせてるだけってのも多いと思うんですよ。普通に銭ゲバだったりする事例も多いんだろうなーなんて思ってます。

プロ野球選手だって、別に好きでもないのに親から少年野球やらされて、イヤイヤやってるのに結構な成績が出て、「甲子園目指せ」なんて言われて有名校に入って、なぜか甲子園出場しちゃってドラフトかかって、気が付けばプロって選手も多いでしょうねえ。

今やってる仕事が本当にやりたかった仕事って人なんて大していないと思うんですよ。そういう意味では多くの人がイヤイヤ仕事してる。目の前に広がる日常は、異常の連続によって構成されてるのかもなーって思いました。映画「万引き家族」は本日公開です。

gq1023 at 05:35│
第一プロって倒産したんですねサッカー日本代表スイス戦を終えて