お仕事の考え方チームグリーン1-2

2018年05月13日

昨今のセクハラ事情

企業でセクハラ認定ってされると、その当事者というか犯人はすぐ人事異動ですよ。セクハラ罪があるかどうかじゃない。私がサラリーマンだった19年前でもそうでした。

その頃はキスしたとか触ったとか直接的接触があってセクハラでしたが、今は「今日はかわいいね」と言っただけでセクハラらしいですから、テレ朝と財務省の音声データ付きの件は完全アウトですよね。

今、セクハラ人事って極端でしょ。事実かどうかの確認を前に人事異動になりますよね。だって、なんといっても大切なのは被害の拡大を食い止めることですから、さっさと異動させたほうがいい。それが社会常識になりつつあると思ってます。

新婚さんに「毎晩頑張ってる?」って聞くのダメなわけで、「子作りに励めよ」なんてダメなんですよ。「夫婦2人で3人以上は子供作らないと少子高齢化対策にならない」なんて言っちゃダメダメ。もう少し考えた発言が必要ですよねえ。

「うちは子供一人だけど、振り返るともっとたくさん欲しかったなー」とか、「僕の新婚時代はラブラブすることしか興味なかったなー」とか言えばいいわけですよ。表現手法の問題ですよねえ。

「今日はかわいいね」じゃなく「いつもかわいいけど今日はキラキラしてるね」なら大丈夫なわけでしょ。「彼氏作れよ」じゃなく「こんな素敵なのを捕まえない男がバカだな」って言えばいいわけですよねえ。難しくないような気がしますがねえ。

男女でご飯食べちゃダメなんてのは極端ですよ。上司が部下を連れて食事に行くのはダメですよねえ。残業代出すならいいですけど、出さずに連れて行ったら連れられてるのはオフの時間をつぶされてるわけで迷惑ですもんねえ。

ちなみに私は上司や先輩に食事へ連れていかれるのは大好きでした。「あのテーブルの子ナンパして来い」とか言われるのもうれしかった。本人の受け取り方次第といえばそうですが、でも時代がそれを許さないなら、やっちゃいけないなーって自分に言い聞かせてます。

gq1023 at 06:19│
お仕事の考え方チームグリーン1-2