北京モーターショー開始下半身に人格はない

2018年04月27日

来たー!Aクラスセダン誕生

18a5d045.jpg欧米のスモールセダンがどんどん大きくなる中、アウディがA3セダンを出して「日本に合うドイツ車はこれじゃないか」と思ってましたが、ぶっちゃけ乗ってみるとそれでも東京都内では大きすぎました。

幅が1765mmだそうなんで、アウディ3シリーズより3cm縮まってます。あと7cm縮めて5ナンバーサイズにして欲しい所ですが、都内で乗るセダンとしては丁度いいサイズでしょう。今やボルボの最小セダンはS60の1865mmなんですが、あんなの都心では大きすぎます。

トヨタクラウンやマークXが1800mm程度なんですよ。それでもちょっと大きすぎる。プリウス程度ですから、まさに日本にぴったりのサイズではないでしょうか。

とはいえ価格は現在のAシリーズでも300万ぐらいからなんで、セダンになれば50万ぐらいアップしてしまうんでしょうねえ。それだと一番安いトヨタアルファード買えちゃうんだよなあ。家族は高級ミニバンのアルファードがいいって言うよなー。でも幅が1850だけどなー。

まだ日本発売が決定すらされてないのに、早朝から勝手に購入シミュレーションしてます。

gq1023 at 05:22│
北京モーターショー開始下半身に人格はない