毎日がいい経験交通安全運動初日

2018年04月05日

なんでもやる

e8cf5d26.gifほとんどの人間は一生懸命なんてやらない。毎日ずーっと一生懸命なんて人はいない。だから、ちょっと頑張るだけで、周囲よりはるか先に進めるはず。教科書なんてペラペラなわけで、あれを全部覚えれば東大に行ける。覚えないから行けない。

学校の勉強を覚えるには毎日の予習・学習・復習が不可欠なのは分かってるけどやらない。予習せず、授業は適当に聞き流し、復習もせず、試験前だけ丸暗記。それが自分。

人は頑張らなかった自分に言い訳をつくって正当化するプロフェッショナル。人生の大半をそれに費やしてる。「低血圧で早起きできない」「忙しいから本が読めない」「こう見えて結構真面目に仕事やってる」自分を正当化する言い訳だらけ。

それに気づくまでに30年が過ぎてました。そこから今一度、ちゃんと向き合ってこなかったダラダラした毎日に、少しづつ少しだけ向き合うことにしました。

19歳までやってた阪神タイガースの応援にできるだけ行ってみました。32歳の時には年間最大109試合に行けました。33歳で忘れていたバイクレースに再度首を突っ込んでみました。34歳でサラ金の借金を完済させ、35歳で家を買ってみました。家を買っちゃったので地域ボランティアにも参加するようになりました。

38歳で自分のチームで8耐やるって夢を実現させてくれる人々に出会いました。45歳で地元出身じゃないのに公立小学校のPTA会長やらせてもらいました。49歳でマイカーが念願のハイエースになりました。

遅いんですが、ちょっとだけ頑張ることができるようになりつつあることを感じます。朝ちょっとだけ早く起きでブログを書く。会社に行っても暇なら外に出る。暇だからといって社員に話しかけない。飲みに行くなら新しい出会いのある場所へ行く。

なんでもやるしかない。やらないことを正当化しても意味がない。やったことは自分の中の記憶に残る。その成功や失敗の記憶が経験なのかなーって思う年齢になりました。そんな意味では、記憶の大半がサボりの記憶ですので、人生損してるなーって思ってます。

gq1023 at 05:58│
毎日がいい経験交通安全運動初日