本日は忙しい!伊右衛門のCMすごいっすね

2018年03月25日

若者は常に成長している!

地球46億年のうち、50年しか生きてないので分からないことばかりですが、個人的には人生って以下のような設問ばかりの感じがします。

A君は「私オフの日ってまじオッサンだから!」と言ってる女性Bさんに「オッサンだったら同性だから部屋見せてよ」と言ったら、Bさんに大変喜ばれました。その考えられる理由を書きなさい。

ここで5つ以上答えが出ればいいんですが、若いうちは短絡的に「A君お金持ちだからなあ」とか「かっこいいからなー」とか思っちゃってたんです。でも実際は「間の取り方が絶妙」とか「トーク運びが上手い」とか「全体的な雰囲気」なんだよなーって感じられるようになってきました。

それに気づくまでには、人生の中で何度もお休みが必要。全力で走り続けてると気づかない。物差しを「学力だけ」「お金だけ」「出世だけ」みたいに1つに置いて周囲を蹴落とす戦いを続けているだけではダメだろうと思うようになってきました。

それが「経験」ってものなのかなあと思うんです。どちらかというと失敗の経験かな。自分もローンで外車やブランド物を買って、大手広告代理店で勤務してますとか、芸能人の知り合いイッパイいますとか言って、それでモテると思ってた時ありましたもん。

でも、モテる人っていないんですよ。大好きな人に巡り合えることも数回だろうし、それが成就する可能性もかなり低い。思ってもみない仕事に就き、思ってもみない人と恋愛して家族になってる人ばっかりだろうなーって思えるようになってきました。

昨日は、もてぎロードレース選手権に行ってきました。チームにはST600クラスに参戦する19歳の男の子2名がいて、同じく19歳でサーキットに行くのは初めてで免許もスマホも持ってないという社員の息子さんを連れていきました。

オッサンの表現ですみませんが「若いっていいなー!」ってのが正直な気持ちです。

杉山優輝選手はST600全体で2位、梅田虎太郎選手は最終ラップに3位で入りましたが3コーナーで転倒し再スタートで全体9位。2人とも1分58秒台前半でラップできることが分かって、タイムアップへの手ごたえをつかんだように見えました。

初サーキットの19歳も「サーキットの大きさ」「何もないピットのしょぼさ」「セッティングされたピットのすごさ」「1日の中でたまにしかスマホを触らずいたすら前時代的なバイクレースに興じるたくさんの人々」等にビックリしたことと思います。

3人とも沢山の「気づき」をもらって帰ったことだと思います。そのことに気づくのは何十年も後かも知れませんが、みんな間違いなく成功も失敗も含めて成長してると感じました。オジサンは感動したぞ!

夜10時すぎに家へ着いてすぐ16歳の息子が軽音部のライブを終えて帰ってきました。「うちから持って行ったLED照明が超良かった」「10mのマイクケーブル大活躍」だったそうです。音響・照明の仕事に詳しくて良かった。こっちも感動!

忘れないように書いておきますが、難聴に負けない女性レーサー高杉奈緒子選手も何度もトップに立つ活躍を見せて結果は2位フィニッシュでした。元若者も成長してる。こっちも感動したぞ!

今日は鈴鹿サンデーに荒川コータ選手が出場します。4月から都立高校に通う15歳の活躍に、目を細めさせていただきたいと思います。

gq1023 at 06:31│
本日は忙しい!伊右衛門のCMすごいっすね