タイの屋外広告が熱い!再調査で書類が見つかる!

2018年03月13日

水素ステーションを整備する!?

1be935a8.jpg先日、トヨタ・ホンダ・日産・JXTG・出光興産等が日本政策投資銀行とともに出資して「日本水素ステーションネットワーク合同会社」の設立を発表してましたが、その目標が2021年度までに80基整備するそうです。

現在発売されてるトヨタMIRAIが723万6千円。ホンダCLARITYが766万6千円。ただし、ホンダはリース専用になります。なかなかにハードルが高いのですよ。

私がよく見かけるのは大田区池上の南海部品向かい側にあるのと、目黒駅と恵比寿駅の間にあるやつ。利用者を見たことはないですが、確かに水素ステーションがあります。しかし、実質的に1車種しか車がないのにステーション多すぎませんか?

しかも、今は満タンで650kmしか走れないんですよ。ハイブリッド車ってリッター20km走るの増えましたから満タンだと800kmから1000km走れるし、そもそもガソリン車は安いしガソリンスタンドだってどこにでもある。

LPガススタンドが全国1900カ所。ガソリンスタンドは20年間で半減したと言っても3万カ所もあります。それに対し水素ステーションって100カ所ほど。目標通りに設置が進んでも2021年度で200カ所程度です。ちょっと普及は無理じゃね!?って感じ。

主力が電気自動車になるのは決定事項っぽいので、この開発が無駄になることはないと思いますが、水素ステーションの設置費用が劇的に安くなるとか、FCV車の価格が飛躍的に安くなるとかがないと、かなり無理があるように見えます。

ところで、この新会社資本金5000万円です。全10社+日本政策投資銀行で5000万円ですよ。少なくないですか?未来を切り拓く的な野望感が見えないんですが、私が出資企業の社員で出向を命じられたら左遷と思っちゃいそうな感じがします。

もっとクールジャパン機構から100億円とか、なんとか財団から10億円なんて感じなら分からないでもないですが、水素ステーション設置するのに5億もかかるのに、資本金5000万円だと派遣社員の給料と事務所家賃&設備リース料で消えちゃいそうな感じがしてます。

こういう本気度の分からない新技術団体ってなんで作るのかなあ。1社でやったほうがよっぽど前に進むと思うんだけどなあ。機体とエンジン両方を世界で唯一1社で開発したホンダジェットなんてすごいですよね。世界中のセレブから人気の機材です。

このホンダジェットですら日本政府が買うとか自衛隊や海保が導入するなんて話しになってないわけで、どこ向いてるのか何目指してるのか分からないのは今までどうりですがね。まあお手並み拝見って感じです。

gq1023 at 04:44│
タイの屋外広告が熱い!再調査で書類が見つかる!