プライオリティパスでラウンジ利用ソウルのインフラ変化

2018年02月25日

DMZトレイン

d3dde5bf.jpgソウル駅でDMZトレインと遭遇しました。ただ、そこにいる誰も興味を持ってなくて、写真も撮ってなかったのが印象的でした。たぶんDMZの意味が分かってないんだと思います。

1989年から1990年にかけてドイツでベルリンの壁が崩壊して東西統一が成し遂げられて以降、第二次大戦での分断国家はこの韓国と北朝鮮だけになってます。その分断場所こそが非武装地帯=DMZです。昔からソウル近郊ツアーではDMZツアーが人気でした。

ソウル駅からはトラサン(都羅山)駅行とペンマコジ(白馬高地)駅行が運行中だったかな。この列車はそのどちらかだと思います。たったの3両連結ですが、車体には平和や民族調和をイメージしたデザインがラッピングされ、車内にもDMZの歴史写真が飾られてます。

DMZ近くの駅まで2時間ほどで行って、そこで4時間停まるので現地で1000円から2000円程度の非武装地帯観光をして、また同じ列車で帰るってのが流れです。調べると電車賃も大して高くなくて片道1300円ぐらいです。ちなみに10000ウォンが日本円の1000円です。

ソウル近郊って韓国国民の半数である2500万が住んでるのに、すぐ横が北朝鮮なんですよ。よく板門店って言われてますが、あそこもソウルから約1時間なんで観光の名所でして、トラサン(都羅山)には南北道路があったり見どころ豊富です。

ただし、観光ツアーに参加しないと駅周辺に軟禁されますし、北側方向の撮影は許可されないんで、トラサンに行くなら最初からDMZツアーがセットになってるチケットをお勧めします。たぶんバスツアーなんかより圧倒的に安いです。

gq1023 at 06:24│
プライオリティパスでラウンジ利用ソウルのインフラ変化