日本から技術は消えていくだけなのか?本気でいじめ対策やってる!?

2018年01月31日

日本でインフルエンザが大流行するわけ

日本に来た欧米人が必ずビックリするのが「日本人は手を洗わない」ってことです。公衆トイレの手洗いに石鹸がないなんてこともあり得ないわけで、トイレの後で手を洗わないなんてもっとあり得ない事なんですよ。

手を拭くためのペーパータオルやドライヤーも少ないですが、そもそもハンカチ持ってる人も少ない。アンケート調査結果を見ると「日本人男性の54%はトイレの後で手を洗わない」といった結果が出てますが、実感値だと余裕の70%超えです。指先だけ濡らす程度も洗ってないに入れると、まあ90%は洗ってないですね。

沖縄県ってアメリカ時代を経てるから思いっきり洗います。公衆トイレに石鹸あるのは当たり前で、ウォーターサーバーがあるのも普通。もちろんペーパータオルも常備されてて、手を洗って手を拭くってのが日常ですが、そんなの他の地域じゃ見かけません。

だいたいインフルエンザや風邪って飛沫感染と言われますが、くしゃみで飛ぶ唾液っていくら飛んでも2mでしょ。空中を漂うわけじゃない。ウイルスがついた手が何らかの粘膜について広まる。その粘膜とは鼻と口ですよ。

これも日本人の特徴ですが、なぜか素手で鼻くそほじるし鼻をすするんです。欧米では鼻をすするのはマナー違反なんで必ずハンカチで鼻をかみます。鼻をかむためにハンカチを持ってると言っても過言じゃないほど。ところが日本人はすすりまくりなんですよ。

ウイルスがついた手を洗わず、鼻をほじれば鼻から感染するし、鼻水として外に出そうとしてるのに、すすって口に入れて飲み込んだりするからどんどん感染する。

だけどマスクはするんです。東京にいると1年を通じてマスクしてる人を結構見かけます。でも、マスクの中に手を入れて鼻を触る人も多い。ひえー、ウイルス培養してるようなもんじゃんって感じですよ。

こんなの厚労省は分かってるでしょ。医師は問題点指摘しないの?インフル患者が山ほど来てもお医者さんが感染しないのって手を洗うからですよ。患者が変われば手を洗ったり手袋変えるってのは当然ですから。日本人がトイレの後に手を洗わないから蔓延するんですよ。

「窓を開けて換気」とか言われても今時のオフィスビルに窓なんてない。手を洗わないのに飲食店で滅菌とか殺菌とは縁遠い濡れたおしぼりタオルで手を拭くんだから、ここでもウイルス培養ですよ。

そして、もう一つの日本人あるあるが、おしぼりタオルで顔を拭く・指を拭く・下手すると口も拭くんです。紙ナプキンがあっても出されたおしぼりで拭いてる人が多い。こんなの不衛生の極みであり、マナー違反にもほどがあるんですが大半の人はやりますね。

私は飲食店のおしぼりって袋すら開けません。あんな不衛生な物をウォーマーに入れてるなんて食中毒の観点からも危ないんで、早急に国が規制してやめさせるべきだと思ってるほどです。

東京に住んでますから通勤電車は超満員だし、学校も欧米と比べると何十人も一緒のクラスだからウイルスが広がりやすいのは分かりますが、そもそも日本人の生活習慣にも起因してるんじゃないかと思ったりしてます。

gq1023 at 06:23│
日本から技術は消えていくだけなのか?本気でいじめ対策やってる!?