スキー場ど真ん中で噴火お前ファンじゃないだろ

2018年01月25日

おもてなしの意味

dbb23ceb.jpg日経ビジネスに「おもてなしのウソ」という特集が載ってるのですが、ちょっと違う感じがしたので私自身の意見を書かせてもらいます。

おもてなしって必要です。それは非常に細かい計算がなければならない。例えば「電話をかけてプププの音が鳴ったらソフトバンクのサイン」なんてのはおもてなしコピーです。

交換機のレベルが低いから時間がかかるのを逆手にとったおもてなしです。安い通信会社を選んだ人だから、プププが鳴ったら「おっ相手もソフトバンクだから通話無料だ」って思ったことでしょう。今はだれでも無料になったんでどうでもいいですがね。

ただね、吉野家の料金後払い制はダメ。めんどくさいもん。確かに先払いの飲食店なんて高級店にはないんだけど、吉野家なんて早ければ早いほどいい。ファミマのTポイントカードも腹立つ。「毎回持ってないって言ってんじゃん!俺の顔覚えろよ!」ってなる。

あの温泉のボタンを押してる時だけ熱湯が出てくる蛇口も風情じゃない。使いにくいだけですよ。変えないことがおもてなしなんて言ってる時代じゃない。だいたい外国人なんてわけ分からんでしょ。トイレのおしり洗浄機だって英語とか中国語表記必要ですよ。

食事で言うなら安価で短時間に済ませたい時はメニュー少な目で先払いがいい。松屋・すき家・なか卯・Sガスト等はメニュー多すぎ。さくら水産のランチは500円定食がA・B・の2種類に580円の魚系定食と680円の刺身定食で終わり。ご飯・味噌汁・お水はセルフ。あれがおもてなし。

帝国ホテルのカフェでよく食べるパンケーキは1650円。ランチのカレーセットが3000円だから、カレーの後にパンケーキ食べると5000円ぐらいになるんです。でも常連さんがちゃんといて、そこはフルサービスで後払いが当然ですよ。店によってそこは変える必要がある。

星野リゾートがすごいと言っても、外国語のホームページがあるとか、浴衣や温泉の説明書きが各国の言葉で書かれてるとか、最低限のことがしっかりできてるわけです。

部屋にいきなり知恵の輪と饅頭2個が置いてあって、丸い容器を開けると中から急須と茶筒と湯呑茶碗が4客出てきて何の説明もなかったら怖いですよ。ルームサービスチャージがかかるんじゃないかと思っちゃう。

浴衣と丹前の着用方法だって書いといて欲しいですよね。温泉は旅館の中のどこだとか、館内はスリッパ&浴衣でOKで、温泉に行くには部屋のタオルを持っていくとか、外に行く時は丹前を羽織って旅館の下駄でお出かけするもんだとかを書くべきなんですよ。

安い居酒屋でぜんぜん喜んだ顔もしない外国人店員に「はいよろこんで!」とか言われるのはおもてなしじゃない。毎回ヨドバシカメラでポイントカードの事言われるのも不愉快。カードなんて持ち歩かねーよ!最初から値引いとけバカって感じ。

どっかの学者とか経済評論家には分かんないですよ。東横インに泊まってる人が星野リゾートのこと考えても意味ないもん。金持ちの家はバングアンドオルフセンなんですよ。炊飯器はバーミキュラなんですよ。それ何?って人はその世界を見ないでいい。

5感に訴えて来るのがおもてなしですよね。大相撲ならなんといっても鬢付け油の香りですよね。お茶屋さんと呼ばれる案内所でチケット買って、お土産を持った出方さんに席まで案内されて、ポチ袋に数千円入れてチップを渡す。これは「用事があったら呼ぶから来ないで大丈夫」ってサインです。旅館の女中さんにお渡しするのと同じですね。

桟敷席は4人席だけど4人座ったらキツキツなんで2人か3人で観るんです。そういうのが全部ルールで、それが粋なんだけど、ちゃんと説明するべきですよ。全く説明なく理解できない状態のままおもてなしの押し売りされても居心地が悪いだけですからね。出方さんが取り組み終わるたびに「ご注文は?」って来てる席もあるんですが、周りにも迷惑。

私は「おもてなし」って「説明があって初めて機能するもの」だと思ってます。「分かるだろ!」とか「感じろ!」ってのは「おもてなしの押し売り」ですよ。

吉野家のテーブルに「後払いの意味」って書いてあれば分かるじゃないですか。「少しでも高級店と同じような空間を感じていただくため、私たちは後払いにこだわってます。」とかね。そんなことをちょっと思いました。それにしても寒い朝っすねー。

heya

gq1023 at 05:32│
スキー場ど真ん中で噴火お前ファンじゃないだろ