小室さん引退立つ鳥後を濁さず

2018年01月21日

ジャカルタ再訪問

スタッフがジャカルタ出張の仕事をいただいたので、現場に立ち会うことにしました。とはいえ自腹出張なんで安い飛行機とホテルです。飛行機は羽田からエアアジアでクアラルンプール経由。いきなり羽田空港での搭乗待機列にビックリしました。

通常JALやインドネシアガルーダ航空で出張するんで、機材の三分の一から半分はビジネスクラスなんです。だから定員が161名乗りか201名乗り。でも満員になんて絶対にならない。ところが今回のエアアジアXは搭乗口の時点でビックリしました。ものすごい人数が待機してるんですもん。その数なんと約350名。こりゃすごい。

中に入ってまたビックリ。座席が中型機なのに横9列です。普通は最大8列ですから超狭い。これがLCCかーって洗礼を浴びつつ、ベロンベロンで搭乗したので熟睡してクアラルンプールに着きました。さすがエアアジアだけあって新しいLCCターミナルに駐機するずらりと並んだ機材の列は圧巻です。トニーフェナンデス凄い!

乗り換えてジャカルタまでは普通にエアバス320の横6列でしたが強烈に広く感じました。有料の機内食を事前に予約してたんで、こちらは大満足。仕事ですから文句は言ってられません。あっと言う間にスカルノハッタ国際空港に着きました。あのデビ夫人の元ダンナさんの名が刻まれた空港ですよ。

久々の空港にはLCCターミナルが完成してました。アジアの空港はあって当然になってますね。あの規模ですら完成までに何十年もかかった成田と比べると情けなくなります。どんどん規模でも実績でも抜かれていく。

街中のひどいインフラも市内バスのトランスジャカルタが一般的になってて、来年開通とか言い張ってる市内鉄道も建設が進んでました。道も平らな所が増えましたね。経済発展が凄まじいので、車もバイクもどんどん新しくなってます。物価もショッピングセンターでの買い物なら日本と同じですね。屋台は安いけど。

仕事なんで、今日の現場が終わったら明日は朝5時ホテル発で帰国しますが、観光で来る所じゃないだけに気づかれてませんが、すんごい勢いで発展してる事だけは肌で感じました。

最後に念のために書きますが、LCC機材と言っても非常出口の数は定員に関わらず一緒ですから、万一の際は脱出に時間がかかるのは間違いないです。座席代を払ってでも出口付近を買ったほうがいいですね。

gq1023 at 08:02
小室さん引退立つ鳥後を濁さず