さあ東京オートサロン新聞社の前にテレビ局がなくなるんじゃないか

2018年01月14日

アスリートが見たドーピング事件について

オリンピック出場が普通のアスリートは、ライバルに変な薬を盛られる可能性があると認識してるんですね。室伏広治氏は確かに飲食店に行っても自分で持ってきた飲み物を飲んでました。そういうことかー。

カナディアンカヌーは開催国出場権があるから、はじめて出られるようになったんで、ドーピングに対する意識が薄かったんでしょうねえ。全日本ロードレース選手権でも、普通にピット裏のテーブルにドリンクが置いてあったりします。誰でも触れますよ。

「選手村で食事するときは誰かに見張らせていた」なんてのはすごいですねえ。悪さされる前提でいたわけですよ。為末大氏の「誰かから渡された飲み物は飲むな」ってのもすごい。我々なんか、差し入れでもらった飲み物や食べ物ガンガン口に入れてます。

それが常識なのかー。知らなかったなー。ちょっと感心してます。

gq1023 at 10:07│
さあ東京オートサロン新聞社の前にテレビ局がなくなるんじゃないか