訃報)カナダ時代の友人リュージが亡くなりました大型商業施設受難の時代

2017年12月20日

故人・阿久澤友実について少し

みんなにリュージと呼ばれていた阿久澤友実は、87年にはバンクーバーにいて、親戚の家のホームステイしてました。トモミなんでその家の子供たちにトミーと呼ばれていました。

私がバンクーバーで神戸真弓会バンクーバー支部という阪神タイガースのファン組織を作りたいという張り紙を居酒屋に貼るという時に、真っ先に参加したいと言い出したのが彼でした。なんかあだ名が欲しいという事になり、彼が自分でリュージと名付けました。

みんなバスの定期券を買ってる時代に、彼は日本でいうフェアレディZ(300ZX)に乗ってました。気が付けばキツラノのゴージャスなアパートメントで一人暮らしをしていて、高級オーディオやワイヤレス電話もあって、何やら豊かそうな生活ぶりでした。

見るからにカッコいいし、カッコもつけてたし、芸能人やモデルのような雰囲気を持っていました。チャラいといえばチャイんだけど、そこが彼のいいところでした。

ここまで書くとイヤミな奴に思えるかも知れませんが、1回もイヤミに感じたことはありませんでした。それどころか、いつも一緒にいたいと思える奴でした。酒は飲まないんだけど、毎日酒の席につきあってくれて、誰にも迷惑かけたことないと思います。

お互い日本に帰ってきてから、みんな連絡取れない中で、彼は定期的に阪神戦を観に来ていて、球場で顔を合わすことが私が全球団から出入り禁止をくらう2003年まで続きました。そこでも彼はいつも気持ちよく接してくれていました。

ソニーミュージックにいたりして、なんか相変わらずチャラい感じは継続してましたが、ちゃんとカナダでお付き合いしていた日本人と結婚し、家業を継ぐ覚悟を決め、社会福祉法人大平台会で頑張ってました。

金曜日は普通に勤務して、土日はお休みの予定で「スターウォーズの映画を観に行く」と言って帰ったそうです。そしてなんの前触れもなく、気が付いた時には喘息による窒息で亡くなっていたそうです。

ご家族・ご親族も全く心の整理がついてないと思いますので、私に書けるのはここまでです。本日12時から告別式ですので、まだその体がこの世にあるうちに書いておこうと思いました。

ムチャクチャえーやつやったぜー!お前と出会えてよかった。あと、一週間も休みを取って大阪から高崎まで行って手伝いやってるタカちゃんに感動。ありがとう。

gq1023 at 10:03│
訃報)カナダ時代の友人リュージが亡くなりました大型商業施設受難の時代