表敬訪問で終わったトランプ大統領の来日なんとか学園の前に国会議員やることあんだろ!

2017年11月07日

えー!来年もやるのー!

f890a2ed.jpgちょっと来年のレースの話しをして来ました。全日本ロードレース選手権は、ST600クラスに今年の4台以上に参戦する予定です。これは決定事項。鈴鹿8耐は来年はお休みにして、チーム員が出るなら手伝うかどうかを考えましょうとなりました。

JSBクラスはマシン開発のみでしょう。ニューマシンを購入された方々のお手伝いで行って、データを集める感じですかねー。J-GP3とJP250は誰も走りません。

J-GP2については、昨年までは大木崇行選手とタイヤ開発を中心とした活動でしたが、今年は榎戸育寛選手で毎レーストップ争いする感じでした。世界GPで使ってる車両とタイヤで毎レース戦い、国内のスペシャルタイヤで参戦するメンバーとガチンコ勝負でした。

ポールポジション3回なのにランキング6位ですから、結論から言うとかなり悪い結果でした。ノーポイントレースが2回で決勝転倒3回ってのは、ちょっと周囲の印象も悪くしちゃったかもです。

それよりも、本当に沢山のスポンサーの皆様に支えていただき、サプライヤーの皆さまにも支えていただきましたんで、それに対応できる体制がないことが心苦しく、さらに結果も出ないことがさらに自分を苦しめました。

メディア露出がほとんどないスポーツですから、選手やチーム側から積極的な情報発信が不可欠ですが、ホームページ更新やブログ更新も怠りがちでしたし、なかなか良い結果が報告できないことも、より一層状況を難しくしてました。

何よりも、レースモニターに車両が大映しされるレースを見る経験がなかったので、手に汗握るシーンの連続で、心臓が持ちませーんって感じでした。ぶっちゃけ、もうちょっとノホホンと楽しくやりたいなあと思っているというのが本音です。

が、モトバムに行くと店長から「もしかすると来年もやるかも」と言われました。まあ本人次第でしょうが、まだ若いしMoto2マシンは手元にあるし、同じ体制なら来年もトップ争い出来るでしょうから、チャンピオン取って2020年につなげるってのは分かります。

ただ、やるんならリソースが足りないなあ。レースのホームページをしっかり運用できないとダメだなあ。スタッフも足りないなあ。トラックが小さすぎるなあ。KALEX用のフロントホイール足りないなあ。やるならちょっと本気で考える必要があります。

今年はモトバムさんもお金と体力を使い果たしちゃったと思いますので、ちょっと資金的なことから考え直さないとですね。

まあ人生の正念場ですんで、昔の若いライダーだったらローン組んででも資金を用意して「来年はチャンピオン取りますんでお願いします!」って土下座って所でしょうが、そんな根性論の時代じゃないんで、どうなるか様子見です。

といっても、11月10日までに車両を発注しないと2月までに届かないんで、猶予は数日しかないんですがね。はー・・・。

gq1023 at 09:15│
表敬訪問で終わったトランプ大統領の来日なんとか学園の前に国会議員やることあんだろ!