鈴鹿サーキット土砂崩れリベラル勢力が結集したって何?

2017年10月27日

小池代表のテレビ重視について

記者の世界でテレビは下っ端なんですね。偉いのは新聞記者なんですよ。だってジャーナリストになりたくて入社して、その中でも優秀なのが記者になってるんですもん。でも小池代用はテレビ重視したんじゃないかなー。

ワイド番組のディレクターなんて政治に詳しいわけないんですよ。テレビの世界に入ってくる人で本気でジャーナリスト目指してるのなんてごく僅かですからね。だとすると、結局新聞の論調が番組の流れになる。

質問に対して質問で返すのは、緊急回避行動ですよね。問題をすり替えようとしたり、時間稼ぎをしようとする行動ですよ。新入社員研修でも「やっちゃだめ」と言われましたもん。大手企業の会社員なら、それやる人は逃げてるって反射的に気づきますよ。

記者「知事は安倍政権の解散に大義がないとおっしゃいましたが、代表の新党結党には大義があるんですか?そして民進党との合流には大義があるんですか?お答えください。」

知事「ではあなたは安倍政権の解散に大義があると思われますか?」

みたいな受け答えって、やっぱミエミエになっちゃうんですよ。記者に意見なんてないって。「喜怒哀楽使って本音を引き出せって」先輩から言われてるだけだって。

新聞記者にもっと良く書かれるようにすれば良かったのになー。気に入らない事を言われると話しを変えたり取材を打ち切るのは良くないなあ。テレビの時はビシっと決めて話すけど、急な囲みとかこそ人間性見えるから記者に脇の甘さ見せちゃいけないよなー。

どちらかと言うと、テレビの人を馬鹿扱いする政治家の方が新聞記者って大切にしてるような気がするんですよ。二階さんなんて最大派閥でしょ。だけど攻撃受けないですもんね。今回の選挙では自民党大勝なのに二階派だけ8人も落選したから、もっと優しくなるだろうなあ。

もうちょっとテレビだけでなく、新聞記者を重視する方向に舵を切ったほうがいいんじゃないかと思ったりしてます。

gq1023 at 10:51│
鈴鹿サーキット土砂崩れリベラル勢力が結集したって何?