2017 FIM MotoGP日本グランプリワイルドカード選手民進党の計算間違い

2017年10月03日

民進党の地方議員はどうすればいいのか?

民進党の新代表となった前原氏ですが、全く民進党の未来象について言及しないまま、今回選挙になる衆議院のメンバーだけを希望の党に鞍替えさせると宣言しました。

ところが、都知事が「全員を受け入れる気はさらさらない」と言い始めました。なんすかそれ?何の実績も経験もない新党の、しかも今回の衆院選に立候補すらしないと言ってる小池氏に「受け入れる気はない」なんて上から目線コメントよく言えますよね。

ちょっとだけ早く民進党を辞めて希望の党立ち上げに参加できただけの細野豪志氏が「三権の長を経験した方々はご遠慮いただく」って偉そうに言ってるのも気にいらん。あんたも民進党幹部として民主党政権下では大臣までやってたじゃん。山本モナとも路上キスしてたじゃん。

野田元総理が「先に離党していった人の股をくぐる気は全くない」と言ってるのは当然ですよ。そもそも野田さんって選挙強いから政党なんていらないんだから。

そして、とうとう枝野氏が一人っきりで新党立ち上げの事態になりました。「立憲民主党」だそうです。あえて立憲とつけることで誰でも受け入れるわけじゃないって打ち出してますが、共産・社民と組むでしょうから、ちょっとした脅威になりそうです。

ちょっとおかしい流れですよ。全く新しい保守の受け皿として希望の党をつくるわけでしょ。そこに自民党からもドドっと現職が流れて、民進党からもある程度流れて、希望の塾からも若々しい弁護士や医師といった様々な有資格者が立候補してくる形にするはずでしょ。

民進って地方議員が沢山いるんですよ。都道府県議、市議、区議、町議、村議って民進党のままでしょ。それで誰を支援すればいいの?誰のポスターを貼ればいいの?例えば民進党の品川区議は希望の候補者を支援するの?松原仁氏を応援するの?それとも違うのが出て来るの?

前原さん手続きが雑だよ。そして小池さん、今回は流れが全くできてないすよ。都民ファーストの会で成果を出す。その成果を持って都下の地方選でも都民ファーストの会の議員を少しづつ増やす。要するに大阪維新の会がやったことをまずやらないと。

もう総理大臣になりたいってのがミエミエで、前のめり感バリバリで、都民としてとっても残念です。東京オリンピック作業を止めまくったから間に合わなくなって逃げたいってのは分かりますが、それじゃダメですよ。

これで有権者の無党派層が流れて希望政権が樹立になるのかー。あーアホアホ感がすごいなー。まあ民主党政権樹立の時も、出来もしない政策を打ち出してたのに有権者は流れたからなあ。まあどうでもいいや。

gq1023 at 04:56│
2017 FIM MotoGP日本グランプリワイルドカード選手民進党の計算間違い