北朝鮮の核実験アメリカではいったい誰がアジアを仕切ってるのか

2017年09月05日

北朝鮮の勝ち

rajin客観的な事実を積み上げると「北朝鮮は核武装に成功した」ということで、日本は「憲法改正すら出来そうになく、今だに自衛隊の存在を合法化することは当面できそうにないまま」ということのようです。

国連安保理の緊急会合中継を見てましたが、まあアメリカも日本も負け犬の遠吠えです。同じこと言ってるだけですから。アメリカは「最強の制裁措置が必要」と言い、日本は「より強力な制裁決議を出すべきだ」と言ってます。

だけど、北朝鮮には中国とロシアがついてるわけで、そうである限りは国際社会から孤立もしないし、経済的にも政治的にも困った状態にならないんですよ。どんな制裁決議を出しても何の効果もない。

日本には非核三原則という「核兵器を持たず、つくらず、持ち込ませず」というアホな国是があり、その原則を維持しているとウソぶいています。ただし、大量の戦略核兵器を積んだアメリカの艦船や航空機が、どこにも寄港せず日本に来てますから、実際には大量の核兵器が国内にあるはずです。

日本は非核保有国の中でずば抜けて大量にプルトニウムを持っています。その量たるや世界の核保有国が持つ物を含めた全体の1割にもあたる約50トン。小さな国にアメリカの半分ほどのプルトニウムを保管しています。いつでも大量核兵器保有国になり得ると言うことです。

普通の防衛省幹部なら、現状を打開するには先制攻撃できる戦略兵器が必要で、できれば核武装したほうがいいってのは考えることでしょう。中国・ロシア・インド・パキスタンという核保有国に囲まれ、そこに北朝鮮も核武装してきたんですから当然です。

ただし、それが実現する可能性は微塵もありませんので、指をくわえて見てるしかない。その間も北朝鮮はやりたい放題です。拉致被害者は返さないし、ミサイルは撃ちまくって精度を上げて行くし、核実験も成功させて核武装にまい進しています。

日本にはミサイルすらないのです。ミサイルを持つことすら許されていないのです。専守防衛という原則に従って攻撃兵力がないのです。ミサイルを撃ち込まれても反撃能力がないのです。攻撃を受けても敵の基地を破壊できません。やられるだけです。

それを国民は支持してきたのです。国民の危険に目をつぶり、当選する事だけを考えた国会議員達の怠慢によって、今まさに目の前に死が迫っています。なさけない限りです。

北朝鮮は日本・韓国・アメリカ・フランス以外の大半の国とは国交があります。これだけ危機が高まれば、アメリカは北朝鮮と国交正常化へ向かうかもしれません。非常に魅力的な鉱物資源がありますから、アメリカにもかなりのメリットがあります。

中国が北朝鮮への石油供給を止めてもロシアからすぐなんですよねえ。ウラジオストックまでパイプラインがあって、そこから近代的な鉄道が北朝鮮の羅津(ラジン)港まで敷設されるんですよ。中国を通らなくてもロシアから北朝鮮に行けちゃうんです。

だから北朝鮮は手詰まりにならない。そもそも北朝鮮でキチガイなのは1人だけです。国民は何も悪くない。1人のキチガイのためにアメリカが平壌攻撃なんてやったら、どっちが非人道的だって話しになりますよ。そうすると、現実的選択は国交正常化なんですよねえ。

中国が言ってるのもそういうことなんでしょう。北朝鮮に圧力をかけても何も変わらないと。中国がどんなに圧力かけてもロシアが支援したら何の意味もないぞと。状況を理解して交渉のテーブルにつけとね。

北朝鮮とアメリカが国交正常化となれば、日本と韓国も同様の道を歩むことでしょう。北朝鮮のシナリオに沿った形で朝鮮半島統一に進むのでしょうか?

なんにせよ、日本には専守防衛・非核三原則に縛られた違憲状態の自衛隊しかないので、アメリカが交渉のテーブルについてくれることを祈るしかありません。一発でもミサイルが飛んだら、日本は火の海でしょうからね。

gq1023 at 05:15│

この記事へのコメント

1. Posted by べらんめぇ   2017年09月05日 08:51
1 戦争はいつ起きますか???
北朝鮮の核実験アメリカではいったい誰がアジアを仕切ってるのか