2017年08月03日

内閣改造顔ぶれ決まる

決まった顔ぶれを見て、派手さはないけど自民党的サプライズはあったので、まあまあの見ごたえになってますが、普通に暮らしてる生活者には分からないでしょうねえ。支持率改善にはつながらないと思います。まあ、そんなの関係ねえって感じでしょうがね。

ポイントは非常に安定感ある外交を担って来た岸田さんを政調会長にして党三役に起用して来ました。ここはお友達人事。まあ、ポスト安倍の後継者が岸田さんと言うことなんでしょう。

その後任は河野太郎氏だそうです。自民党に超批判的ブログを展開しまくり、防衛省の日報問題も「あるだろ!」と指摘して稲田大臣を後ろから銃で撃った方ですが、よく起用しました。世の中にはおかしい事も時として受け入れなきゃいけないことを学ばせるのでしょうかね。

自民党総裁選の時に敵対した野田聖子氏を総務大臣に起用するのもサプライズですね。敵対勢力は冷遇するというのが安倍さんでしたが、今回は敵対勢力も登用するという事の表れでしょう。超地味な部分ですが、超話題になるでしょう。

官房長官の菅さん銘柄も入って来ましたね。国家公安委員長兼防災担当大臣に小此木八郎氏。菅さんが最初に秘書になったのが小此木氏のお父さん。横浜市議として政界入りした後は、横浜市政に詳しい小此木氏を後ろ盾に影の市長と呼ばれてました。

地方創生担当大臣の梶山弘志氏も菅銘柄。菅さんが師と仰ぐと言っていたのが梶山さんのお父さん。自民党総裁選で小渕派だったのに梶山さんを支持して派閥を脱退したりしましたから、ここも見どころと言えるでしょう。

そして、この2人は菅さんに近いのもありますが、石破さんの側近って感じですんで、石破派からも入閣って意味では見ごたえあるなという感じです。

我が選挙区では、あの地味な中川雅治氏が環境大臣です。「人柄はいいが知名度はずば抜けてない」と言われてましたが、大臣経験させて次の選挙では引退って感じでしょうね。

アホアホ発言だらけだった法務大臣と防衛大臣ポストですが、上川陽子氏が法務大臣、小野寺五典氏が防衛大臣なんで、どちらも再登板です。まあ安定感必要ですからね。

その昔、鉄壁の小泉政権を一気にダメにした田中真紀子更迭人事というのがありました。あれは外務大臣に起用したら「外務省は伏魔殿だ!」なんて言い出して、いろんな過去の話しもひっくり返そうとした田中さんに制裁を科した感じでしたが、同じようなの大臣にしちゃってます。

河野太郎氏が過去の外交資料を出せと官僚に迫って、官僚も「ありません」とか「出せません」となったら、彼はツイッターにきっと書きますよ。そこが危ないなあと思うと同時い、初入閣の70歳以上の方々も危ないんじゃないかと勝手に危惧してます。

6月中旬にアメリカ軍空母2隻が訓練と称して日本海に展開しましたが、また今月中旬に展開するそうです。普通に考えて開戦の可能性アリ。ミサイルやサリンが日本にも降り注ぐ可能性があるので、お盆のみなさん外遊時が注意時ですよー、ガンバレー!

gq1023 at 04:58│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字