2017年07月25日

大災害の最中にクソみたいな政争はいらない!

閉会中審査で獣医学部新設の話しをやってますが、九州や東北では甚大な災害が発生してます。しかも獣医学部新設の話しなのに、防衛大臣の話しとかにも触れるから話しが全然前に進まない。

既得権益を守ろうとする前事務次官と、その権益を全部ぶっつぶそうとする政府側の戦いですよ。そんなの、この大雨による大災害時にやる話しじゃない。与党も野党もおかしいって。今そんなことやってるときじゃないって。

学校新設の許認可は文科省が全部握っていた。それを国家戦略特区等の形で崩されて不愉快だと思ってる人々がいるわけ。みんな組織的に天下りしてたのに、それもできなくされて怒ってるわけ。

だけど文科省が大学新設の許認可権限を握ってるってのはおかしいって。今までいろんな大学に天下った人って何人います?リストにして出せばいいんですよ。おかしいんだから。

補助金だって不透明すぎる。どの大学にいくら払うかの権利を持ってるから、いくらでも発言権ができちゃう。旧国立大学なんて現役の時から出向して支配するわけですよ。そんなのおかしいんです。

獣医学部新設って話しの時点で潰したら、もう文科省改革なんてできませんよ。もっともっとダメな部分だらけなんだから。ノスタルジーじゃなく、新しい形の文科省を目指してる役人さんもたくさんいる。新旧派閥闘争はいらないと思うんですよ。

何よりも、この甚大災害発生時にこんな話しを国会閉会中審査と称してやってるヤツらは全員アホだと思います。今も沢山のボランティアが活動し、沢山の自衛官が戦ってるんですから、どうせ集まるなら少なくともスーツじゃなく防災服で、この災害の対策を話して欲しいと思います。

gq1023 at 03:53│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字