時差Biz・クールビズ外食は自分を物差しにすると間違う

2017年07月19日

蓮舫さんはやっぱ二重国籍だった・・・

cb12d36b.jpgちょっと絶句なんですが、あれだけ「私は二重国籍ではない」と断言してたのに、そのあともウヤムヤにして来たのに、昨日の記者会見内容を今読んだのですが、「やっぱ二重国籍でした」って話しだったんですね。

分からんなあ、なんであんな「違う!」って強弁するのかなあ。稲田防衛大臣も「森友学園の公判に出廷してない」なんて言って、「やっぱ出廷してました」なんて言ってましたが、そんなん覚えてないってアホでっせ。

自分自身が台湾国籍だったのを知ってるわけでしょ。戸籍謄本を見れば国籍選択していれば明記されてるから分かるだろうし、人生において両親とも相談して決めるような重要な選択なわけだから、さすがに分かってて欲しいなあ。

「台湾籍を放棄していると思っていた」って言ってるんですが、そんなもんタレントの時に「国籍:台湾」って出してたわけだからメチャクチャですよ。差別とかそんな話しじゃない。二重国籍でもいいし、帰化していてもいいけど、言ってたことが違うってのはダメでしょ。

この昨年9月5日産経新聞記事の時点では、3日の読売テレビ番組で、「生まれたときから日本人」「高校3年、18歳で日本人を選んだ」と説明したらしいんですが、昨日の会見によると、台湾籍の離脱手続申請が昨年の9月6日。台湾の「国籍喪失許可証書」発行が9月26日。日本国籍の選択宣言は10月ですから、分かってからもウソついてた感じになります。あーあ。

インタビュー映像を見ると、産経新聞の記者がいろいろ突っ込んでましたが、まあどうでもいいです。野党第一党の党首はちょっと前まで二重国籍だったってことです。アホらしくて、もはやメディアも真剣に扱わないレベルに達してますがね・・・。

gq1023 at 06:40│

この記事へのコメント

1. Posted by ムーミン   2017年07月19日 22:08
蓮舫の二重国籍は見え見えでした。野党の第一党党首として政権交代があれば首相になる人物が、自分の出自を二転三転したことが問題です。

更に問題なのは、参議院選の広報に虚実履歴を書いたことです。通常選挙公報に虚偽の履歴を載せた人は当選後に議員辞職しています。蓮舫氏の先回の選挙の虚偽履歴はまだ時効は成立していませんので公職選挙法違反となりますので議員辞職に値します。

また今回の説明と資料はトリックがありそうですね。アゴラはそれを論理的に指摘しています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170719-00010009-agora-pol

自民上層部はすべて調べ上げていますのであとはいつ爆弾が破裂するかだけですね。
中華民国も国籍離脱は官報で告示しますのでNETでも見れます。

さて、どうなっていますかね?
時差Biz・クールビズ外食は自分を物差しにすると間違う