稲田防衛大臣の失言なぜ東京大改革が必要なのか?

2017年06月30日

二の矢・三の矢

sanda雑誌社が記事を書く時は、決して一番インパクトの強いネタを一発目に持って来ません。第二弾・第三弾のほうが強烈になるのが一般的です。

自民党総務会長である細田博之先生が、豊田真由子先生の暴言は「本人が高速道路を逆走して命の危険を感じたからだと言ってる」とおっしゃってましたが、気がふれてるってことをさらすだけになるので、やめたほうがいいと思いました。

一般企業ならあんなパワハラやったら即解雇ですよ。だって証拠押さえられてるわけで、解雇しないと告訴されますよね。告訴されたら延々と裁判が続くわけです。ああいうことはやっちゃいけないという姿勢を示すのが企業ですよ。

ところが自民党はそうなってない。秘書は被害者ですからね。早々のうちに示談交渉には入るべきなのにおかしいでしょ。録音データが何本か出て来た後にはビデオや写真が出て来るわけですよ。別の秘書の発言も出て来る。

本人は雲隠れしちゃだめ。自民党は雲隠れさせちゃダメ。他議員は守っちゃダメ。悪い物は悪い。本人が出て来ないとしても、派閥の長なら本人の言い訳を披露するんじゃなく、事実を認めさせて反省してるって態度を伝えないとダメ。そもそも総務会長なら謝罪すべき。

ただねえ、麻生先生じゃないですが、私も「ああいう女いるよなー」って思いました。女のヒステリーってやつですよね。男の嫉妬ぐらいよく見ますよね。偉いと思ってチョーシぶっこいてるヒステリー女ね。よくいる女の一人なんだと思います。差別的発言すみません。
(本文と写真は関係ありません)

gq1023 at 05:37│

この記事へのコメント

1. Posted by むーみん   2017年06月30日 10:51
都議会議員選挙が始まったら次々と自民党への不祥事話題をマスメディアは提供し始めましたね。通常はボツネタを必要以上に大げさに取り上げワイドショウは繰り返し繰り返し垂れ流ししています。

これらはメディアによる倒閣キャンペーンに外なりません。特に朝日新聞は安倍内閣倒閣を目的にキャンペーンを張っていますね。毎日新聞も負けずと頑張りますので、朝日放送とTBSはまるで国家が汚染されているように放送します。あまり知られていませんがチーフディレクターの原稿通りタレントコメンテーターが口パクをしているだけのワイドショーを延々しています。

加計問題も不正がばれて首になった文部省の事務次官が元部下に省内の機密文書を民進党に流させ、国会で質問させました。官房長官が出所の分らない怪文書もどきと答弁したら、売春組織に出入りするのが好きなくだんの事務次官は「在ったことを無いと言えない」と登場しました。「行政が歪められた」としますが、行政を歪めたのは文部省そのものです。獣医師会とつるんで新たな獣医学部を作らせなかったのは許認可省の文部省ですよね。

極めつけは、総理側近の官房副長官の発言趣旨なるメモを偽造し、省内で回覧し、かつ朝日新聞にリークしたのはクビになった事務次官とズブズブの文部科学省の高等教育局 専門教育課
課長補佐 牧野美穂 (33) さんですよね。彼女も事務次官好みの親切な相談に乗った女性なのかなあ。青山学院出の美人ですね。

彼女の行為は明らかに国家公務員法違反ですがマスメディアは自分たちに都合の悪いことは勿論報道いたしません。NET情報では彼女のしたことはどんどん流されていて「逮捕真近?!」とまで炎上していますが新聞もテレビもダンマリ。
稲田防衛大臣の失言なぜ東京大改革が必要なのか?