都議選本番タカタが民事再生法申請

2017年06月27日

人づきあい

648bb8a2.jpg私は人と付き合うのが嫌いです。だから、ゴルフ・麻雀・酒といった人と付き合えるアイテムを身に付けました。それらがあれば、苦手な人づきあいもなんとか出来るからです。

さすがにゴルフラウンドしたり、麻雀一緒にやった人で「そんなヤツ知らない」って言われることはないんですよ。お酒を一緒に飲んだ程度だとダメですけどね。お酒は相手も自分も酔ってるからイマイチ。でも長時間一緒にいる遊びはやっぱ違う。

そのうち人づきあいの術を身に付けるようになる。人恋しくなって、自分から声掛けるようになって、気が付けばいきつけの飲み屋も出来て、そこの常連になって、そこのお客さんみんなが知り合いになってたりする。そんな感じです。

昨夜、公益財団法人「日本生産性本部」が発表した今春の新入社員調査結果で、「職場の同僚、上司らとは勤務時間以外は付き合いたくない」というのが30%を超えたと事について、「ぶっちゃけ全員じゃねーの?」と思っちゃいました。

新入社員でしょ。知らないヤツといっしょにいるのは嫌だと思いますよ。そこから知り合いになって、一緒に飲むようにはなるわけで、知らない人と勤務時間外までつきあうのは、そりゃあ嫌ですよ。ゴルフや麻雀だってやらない人のほうが多いでしょうしね。

成人喫煙者が2割以下。男性で3割を割り込み、女性も1割を割り込みました。ってことは、若者の大半は吸わないってことですよ。なのに飲みの席に行ったら誰か吸ってますよね。自席にいなくても周囲に喫煙者がいたりする。もうNGってのは分かります。

メチャクチャ声のデカい人いますよね。私そうです。延々飲んでクダまいて、酔いつぶれて寝て、起きたらまた飲むみたいな人いますよね。私そうです。そんな人と仕事時間外に一緒にいたくないでしょ。大丈夫です。仕事関係者とお酒飲みませんから。

サーキットでもチームで一緒にご飯とか食べませんよ。とっとと宿舎に帰る。帰って部屋で飲むか、場末のスナックで飲む。レースの話しなんかしない。チームのみなさんは、そもそもレースウイーク中はほぼお酒飲まないしね。私だけがぶ飲み。

ただ、新入社員は分かってないけど、私は若い時にいろんな人と知り合ったことが今も財産です。人づきあいだけは金払ってでもやれってのは事実です。

阪神タイガース応援団、カナダでのツアーガイド、自動車修理工、各種ボランティア、バイクレース、自動車レース、芸能プロダクション。経験の中で知り合った人々と、今もおつきあいがあって、その人々とお仕事や趣味の充実につながってます。

ただ、飲みなんて行ってないですよ。太いつながりで年賀状。500枚ぐらいというか、500件ぐらいの住所録があって、印刷機が刷ってくれる先に送るだけです。あとはフェイスブック。こちらは566人ですね。それも結構なレベルでお金に変わってます。

家の水道が壊れたら、知り合いの中の水道屋さんが直し方教えてくれるとか、いらないシンセサイザーくれたとかその程度なんですが、知り合わないと自腹になりますからね。

年を重ねれば次第に見た目も言動もオッサンになりますから、失敗しても若気の至りで済むうちに、いろんな人と付き合う方が、将来のためになると思った私です。

gq1023 at 06:02
都議選本番タカタが民事再生法申請