築地再開発テレビ局の変容

2017年06月21日

人は怠惰な生き物だ

2a123a35.jpg人間は怠け者だ。月給をもらえばそれで暮らそうとする。上を目指して転職するなんて人は稀だ。独立してお金持ちを目指すなんてのはもっと稀だ。

安定した大手企業に就職すれば安泰だからそこに安住する。頑張らない、努力しない、ダラダラとその地位を利用してチョーシぶっこきながら暮らしていく。

中小零細企業の人々も、手に入る給料の中で暮らそうとする。20万ならそれで暮らすし15万ならそれで暮らす。ガンガン営業して仕事を取って来て収入を伸ばそうなんてのはほぼいない。

そして、最後の最後にお金が本当にゼロになりそうになってからジタバタする。そして不幸だと嘆く。いくらでも努力すれば可能性があった時に努力してないくせに、困った時だけ不幸だと嘆いても誰も助けてくれない。

努力は難しくない。スポーツ選手なら柔軟運動をして体幹トレーニングして持久力付ける程度の話しなのに、体の堅いヤツがゴロゴロいる。営業マンなら毎日ガンガン電話して新規のアポ取るだけなのにやらないヤツがゴロゴロいる。

問題は政治。その怠惰で怠けてるやつらにも1票がある。それが集まると時としてあり得ない形の民意が表に出る。ほんの一握りの努力を怠らず運にも恵まれたお金持ちが国を動かしてるんじゃない。怠け者が気分で投じた1票の集まりが自治体や国を動かす。

年寄りは年金くれと言い続け、子供のいる世帯は金よこせと言い続け、サラリーマンは税金減らせと言い続け、農家は戸別保障くれと言い続ける。そして「みんなにあげるよ」という政治家が当選し続ける。

その原資は国債と言う名の借金。全部今の子供世代につけまわして、現役世代がジャブジャブ使ってる。65歳以上の働きもしない老人に毎月現金渡してりゃあ金なくなるわなーってことが分からないのかねー。その先に待ってるのは死しかないんじゃないかと思ってます。

gq1023 at 08:25│
築地再開発テレビ局の変容