メジャーデビューアジア選手権鈴鹿

2017年06月02日

小学生の交通死亡事故発生

3da00f31.jpg私の住んでる品川区荏原第一地区と呼ばれる地域で、昨日小学生の交通死亡事故が発生しました。発生時刻は15時40分頃と言いますから、まだまだ明るい時間帯です。

被害者となったのは小学三年生の8歳の男の子。事故をおこしたのは73歳の配送業の男性だそうです。報道によると「前方をよくみておらず、気づいたら男児のような人とぶつかった」とのことで、典型的な前方不注意なんですが、あまりにも痛ましい事故です。

品川区では83運動というのを行ってます。これは午前8時と午後3時の時間帯に、できるだけ地域の人々が外出して、子供たちの登下校を見守ろうという活動なのですが、なかなかこの時間帯に地域の見守りが活性化してるとは言えない状況もあります。

2012年4月10日にも、近くで交通死亡事故が発生しました。この時は小学4年生の女の子が犠牲となったのですが、交通安全週間中であり結構な人数の交通監視員も警察官も出ている中での事故でした。これも15時半頃のことです。

つまり、この時間帯は非常に危ない。小学生は想像を超えて広域に行動しています。2012年の事故では、少し大きめの自転車に乗っていた女の子が、お友達と走行中に交差点を曲がるのを失敗して転倒。ちょうど走って来たトラックのタイヤの所に体が飛び出してしまったというものでした。

運転手の不注意もあれば小学生側の不注意もある。交通死亡事故の大半は、誰もおこしたくなくておきるものでしょうから、ドライバーも保護者も周囲の人々も常に道路は危険だと言うことを認識する必要があると思います。

とくに今はスマホや携帯を触りながら運転するドライバーが多いですから危ないですよね。品川区では子供の安全を守るために携帯端末「まもるっち」を配布してますが、こいつも液晶画面があって、これを見ながら歩く小学生も多くてそれも課題だったりします。

なかなか痛ましい事故が無くならないのですが、昨日はボランティアの品川区青少年対策地区委員活動の最中にその話しを聞きましたから非常に心が痛んでます。

何か根本的な対策がないかと思ってますが、スクールゾーンもしっかり設定されてるし、近くの小山小学校は教職員やPTAの見守り活動も活発だし、近くの道路はキララ舗装されてるし、難しい課題だと思っております。それにしても心が痛い・・・。

mamoru

gq1023 at 06:08
メジャーデビューアジア選手権鈴鹿