2017年05月18日

アメリカ史上最大のスキャンダル

wp日本で言えばガリガリガリクソン飲酒運転に匹敵する話題になってるのが、アメリカはトランプ大統領のロシア機密情報提供疑惑です。

前にも書きましたが、トランプ政権の閣僚人事は今だに全然進んでいません。557のうち30しか決まってなくて、承認待ちも57しかない。やってくれる人もやってくれそうな人もいないわけです。

だから各国首脳と電話で直接話さなきゃいけなくなる。ホットラインと言われる首脳専用電話をここまで活用してるアメリカ合衆国大統領なんて聞いたことありません。これを使う時は、いよいよ戦争かというような緊急事態に限られてましたからね。

そんな中で巻き起こってるのが「このオッサン最初からロシアとつるんでるんちゃうん?」疑惑です。まことに残念ですが、これについては選挙戦中からロシアとつるんでた証拠が山ほどありそうで、FBIも捜査中らしいってことが分かって来ました。

まあ決まってない人事の中で、早々に決まった人をロシアとの関係がありそうだということで更迭したりしてたんですが、FBIは国としてのロシア自体が大統領選に関与していたと見て捜査していたということのようです。

先日トランプ氏はFBI長官をクビにしたのですが、これが自分への捜査を止めないことへの怒りによるものとアメリカメディアは見ていて、史上空前の職権乱用といった形で報道が激しさを増してます。

まあ、今回の件はトランプ氏もやばいと思ってるようで、いろんなインタビューに答えたりツイッターにコメントしたりするのですが、見事なまでに語るに落ちる状態で、どんどん状況は悪化してます。

整理すると、トランプ大統領は前FBI長官に自分たちへのロシア疑惑調査中止を依頼した。断られたので前長官を解任した。ここまでは決定的な感じです。あとは、どんな疑惑がなのかって事なんですが、そこを確認するまでもなくもう終わりって雰囲気です。

空前絶後のォォォォ、ジャスティース!ですな。

gq1023 at 04:53│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字