2017年05月09日

歩きスマホの地域特性

b4fe6550.jpg「もう歩きスマホなんて関東以外でまず見ない」と言っても信じてもらえなかったのが、ゴールデンウイーク明けた途端に「本当にいなかった」と言われまくりました。そうなんです。あっという間に全国各地で歩きスマホが姿を消しているのです。

何よりも消えて行ってるのがスマホゲームをやる人。これは都市部でも東京や横浜だけが残ってます。たぶん友達いない人が多いんでしょうねえ。SNSとか頑張っちゃうのも同じ地域性になってます。寂しすぎるぞ首都圏人。

地方が進んでるのか、都会だけおかしくなってるのか分かりませんが、各地で脱歩きスマホが進んでいるのは間違いないようです。2015年から16年の春ぐらいまでは同じように歩きスマホが見られたんですが、そこから減っていく地域と増えていく地域に分かれた感じがします。

まあ確かに大阪・名古屋・福岡で、東京みたいに画面をひたすら見ながら歩いたら人にぶつかっちゃいますから、見ていられないってのが現実なんでしょうが、東京にいる私からすると「明らかに東京は悪化してるのに、なんで他地域は改善するんだろう」と不思議でたまりません。

ポケモンGOなんでしょうねえ。去年の夏にあれが出て、首都圏では今だにやってる人が沢山いるけど、それ以外の場所では「スマホゲームつまんねえな」となったんでしょう。確かに通勤電車でスマホゲームやってる人も、首都圏が圧倒的に多いです。

ただでさえノロノロのお年寄りがいっぱいいるのに、ノロノロの歩きスマホ族がいて、予想以上に歩行速度が低下している首都圏通勤事情でした。

gq1023 at 05:59│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字