2017年04月29日

MAKE AMERICA STRONG AGAIN

ea76c1fb.jpgトランプ大統領は、選挙戦を通じて「MAKE AMERICA STRONG(GREAT) AGAIN」と訴え続けてました。オバマさんの「WE CAN CHANGE」みたいなもんで俗にいうキャッチフレーズです。

その具体策は、アメリカに雇用を取り戻すための保護主義、イスラム系のシャットアウト、他国の安全保障は巨額費用負担を求めるというもので、まあ大多数から人気を集めるのは分かります。

日本で置き換えても、日本人の雇用を守るための保護主義、外国人労働者の追放、海外の国口への各種支援凍結って言えば、まあウケはいい。現実的かどうかは別としてですよ。

そういう意味では、北朝鮮を挑発して日本と韓国をビビらせて安全保障を請け負うってのは、仕事のやり方として間違ってない。「お前ら金払わなかったら、空母も潜水艦も派遣しないぞ!」って言ってるわけですよ。ビジネスマンとして正しい。

それに対して日本政府は「ミサイル飛んで来たらテレビやラジオをつけて地下に入る or 頑丈な建物の中に入る or 窓のない部屋に入る」って対策しかなかった。実際には自衛隊が迎撃ミサイル撃つらしいですが、どんな性能かは良く分かりません。

日本に駐留するアメリカ軍基地は兵隊さんとその家族を除くと働いてる人の大半は日本人です。これを全部アメリカ人に置き換えれば、大量の雇用が創出できる。そんな要求ならすぐにでもできますからね。逆に日本人は大量の失業者を抱えることになる。

韓国へのサードミサイル配備だって、別にオバマ&パク政権下で決められた話しで、どっちも大統領じゃなくなってるから、すぐに撤収したっていいわけですよ。だったら交渉カードに使って「サード置きますが何億円負担しまっか?」ってやるのはアリですよねえ。

今まで北朝鮮ってビジネスマン上手いなあと思ってましたが、アメリカも商売上手くなったもんだというのが正直な感じです。共和党ですから、ブッシュパパの時にGM,FORD,CRISLERのトップ3人を引き連れて「アメ車買え!」ってやったのが思い出されますが、もっと上手い。

とはいえ、やっぱ北朝鮮が上手いですよね。譲歩と支援だけ取り付けて何も返さないってスゴイ。あってもなくてもいい国なんだけど注目度抜群。しかも世界に発信してるメッセージを国民は全く知らないから、自分の国が変だとも戦争の危機とも思ってない。スゴイっす。

さらに食料や資金といった支援を、全部国家元首とその周辺だけで分け合うのもスゴイ。みんなに分けたら意味ないですよね。日本では国家予算の大半を年金と健康保険で分けちゃってるので、誰も潤ってないから良く分かります。

その点アメリカは世界の警察官役もやらなきゃいけないわけだし、そもそもアメリカ強いわけだから、「MAKE AMERICA STRONG AGAIN」が実現するかどうかは分からないですねえ。あとは15億人の人口を持つインドと中国次第ですかね。

そんな私は、ミサイルが飛んできた時のために、家の地下というか基礎部分を掃除することにします。

gq1023 at 04:22│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字