2017年04月27日

復興担当大臣更迭

発言がアカンと言うより、冥途の土産としての大臣でしょ。黙ってればいいんですよ。そもそも復興庁って組織が民主党政権下で出来たわけで、もう解体したほうがいい。いろんな省庁から人を寄せ集めてるから、全然動かないんですもん。

70歳のオジイサンの暴言に怒っても意味ないですよ。年とったらあんなもんですから。だいたい、復興担当大臣なんて仕事ないでしょ。黙っときゃいいんだけど、持ち上げられて勘違いするんでしょうねえ。

それにしても「あれは東北だったから良かった、人口密集地に来てたら大変なことになった」って発言は、資金集めパーティーが始まって早々に話す必要があることじゃありません。「東北でもこの規模の被害ですから首都圏ならより大規模な被害」って言わなきゃね。

まあ、民主党政権下で最初に大臣になった松本龍さんも酷かった。震災時は内閣府特命担当大臣(防災担当)だったのに何もせず、新設の復興担当大臣に就任すると暴言を連続させて数日間で辞任しました。確か就任2週間後の六魂祭前に辞任してたはずです。

発言もすごくて、被災地の知事に対して「九州の人間だから、何市がどこの県とか分からん」「知恵を出したところは助けるけど、知恵を出さないやつは助けない」「お客さんが来る時は自分が入ってからお客さんを呼べ」ですよ。アホです。

まあ、実際には必要ない組織なんで、そろそろ解体したほうがいいですよね。何にもしてないからねえ。原発事故の処理もあと50年どころじゃないですから、原発事故担当大臣にしたほうがいいかもです。もう各省庁と自治体で対応できてますから。

前にも書きましたが、いやーレベルが低い。ひどいの大臣に就任させますよねえ。今回なんか自発的に発言してる。レベルが低すぎてビックリです。

gq1023 at 07:03│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字