2017年04月02日

年収・月収・定年・再雇用

f4ff4463.gifこの写真のグラフはネットで(https://kyuuryou.com/w02.html)みつけた2008年のデータと称するもので、正しいかどうか分かりませんが、確かにこんな感じなのは間違いないです。

私もサラリーマン時代に会社の年収カーブを見てビックリしました。右肩上がりなのかと思ったら、53歳がピークで下がるんです。そして定年後の再雇用は激減する。そんなわけで個人年金に入ったり、生命保険かけたりしたんですよ。

確かに高卒でピークで月給35万円ぐらいがピークってのは分かります。それで55歳からドーンと落ち込むのも分かる。ただね、うちのスタッフって50代が結構いるんですよ。しかも零細企業ですから、退職金は入社時に申し出がない方にはありません。

退職金ある方でも中退共の数字ですから、ものすごい額ではないですが、まあ30年以上勤めてればある程度にはなりますが、まだせいぜい12年目の会社なんで、あと数年で定年になっても大した退職金にはなりません。

だけど、そろそろ退職後の動きについて意識づけする必要がありますよねえ。あと数年で定年ですが大丈夫ですか?ってね。

イベント会社って講師手配もやるんですが、定年へ向けての企業研修って結構多いんですよ。「今専務とか部長なんて呼ばれて運転手いたりするでしょうが、会社を辞めたら全部なくなるって事を意識してくださいね」って講演なんです。

「あなたに値打ちがあるかどうかは市場が決めます。今の役職や待遇は誰も興味を持ってくれません。誰を知っているか、どんな仕事ができるか、はっきり言うとどれだけ稼げるか以外は意味がないのです」ってやるんですよ。まあ怒る人も結構出て来ます。

だけど、それが現実なんですよねえ。自分も50歳近くになって来たんで、工事現場のガードマンとか駅の清掃の人とか見て、自分にこれができるだろうかってのは思うようになって来ました。でも、やれなきゃ生活できないんだから、やらなきゃですよね。

これからスタッフに現実を伝えていかなきゃいけないという現実に、ちょっと荷が重い感じになってる私です。

gq1023 at 07:47│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字