2017年04月01日

やる気スイッチ

de8815ae.jpg一度仕事を全て精算した2006年。8耐前にリニューアルしたばかりの事務所でしたが、期するところがあって石垣島への移住を決意しました。8耐終わりで帰京すぐにライダーの金さんに買ったばかりの本革のソファーをお渡しして事務所を引き払いました。

2007年、お取引先から「どうしても助けて欲しい」と言われ、東京でやらなきゃいけない仕事があると自分に言い聞かせ、移住を決意した家族にも再度説明して目の前の仕事に没頭しました。あれから10年も経ちましたよ。まだ東京にいるなんて信じられないなあ。

寝る暇もない状況で、売上だけでなく質も求められる環境下で、そこにいる人々に少しでも利益が行くようにと必死に頑張ったのですが、非常に厳しい環境で続々と脱落者が出てしまい、自社で抱え込まざるを得ないような状況になりました。

助けて欲しいと言われた環境を維持できず、事前に描いた方々のビジネスモデルを実現できず、それでもガムシャラにやるしかない環境下で、新たにスタッフを雇い入れ、協力会社の皆さんにも限りなく無償で手伝ってもらう環境でした。

お得意様や広告代理店の皆様を怒鳴り散らしたり、いろんなことがあったのですが、とにかく真剣に取り組んで熱意を伝えていくしかなかった。ただ、スタッフと共同での成功体験に乏しく、2007年末にソファーをお渡しした金さんに8耐もう1回できないかという相談をしました。

そこからモトバムさんにつながり、2006年8耐を最後に走ってなかった金さんも再度走り出し、モトバムでの参戦が決定し、その時のスタッフ全員で鈴鹿へ行き、みんなで頑張って、みんなで予選落ちして泣きじゃくって帰って来ました。

なにが人間のやる気スイッチかなんて分かりません。だけど、みんなで何かやった経験は今も生きてると思います。その時一緒だった社員5人は全員辞めちゃったから分かんないですけどね。

そこでモトバムさんのやる気スイッチも少しづつ入って、関東のレースだけスポット参戦してたのが、今や全日本ロードレースフル参戦プラス8耐になってます。

私はプレーヤーでもないし実務をやるわけでもありません。お膳立てするだけ。本業もコンサルでありプロデューサーでありストラテジックプランナーですので、本当にお膳立てが仕事です。

今日から新年度。学習塾は教育長が部長に昇格して新教育長が就任します。お膳立て頑張りましたので、そこにいるスタッフ・キャスト・生徒さん・保護者のみなさんのやる気スイッチが入ることを祈ってます。


gq1023 at 05:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字