2017年03月28日

てるみくらぶ破産

0b240700.pngてるみくらぶという旅行代理店はネット通販の先駆けでした。ビーチリゾート旅行で有名でしたが、韓流ブームに乗って韓国旅行でも人気となり、結構有名な旅行会社でした。

ここ数年はなぜか新聞広告を打ちまくってまして、その量はJTB等の大手をはるかにしのぐ量でした。ちょっとビックリしてたんです。だってクラブツーリズムより多いって、極端な出稿量ですからね。

今月23日にIATA(アイアタ、国際運送航空協会)への支払いが出来なくなったというのですが、それって航空券の手配ができなくなったってことなんで、もう旅行代理店としての命運が尽きてます。もっと前から分かってたはずで、ひどい倒産劇になってしまいました。

それにしても、旅行を申し込んでる人が債権者になってしまうわけで、領収書等を持って債権者集会に行かなきゃいけないし、負債額150億以上と言ってるのに、てるみくらぶが日本旅行業協会に預けてる保証金は1億2千万円。ほぼ返ってこないのに手間だけかかります。

春休みで旅行客が大量にいる時に破産。ゴールデンウイークのツアー代金も受け取っているでしょうし、23日も新聞広告は出てました。計画倒産と考えるには無理がありますが、すでに海外にいる方は、宿泊代金は自己負担でしょうし帰りの航空券は自腹で当日の片道料金負担ですから、すんごい額になるでしょう。大問題です。

私の場合、海外行くのは航空会社のサイトから直接手配が大半なので問題ないですが、旅行代理店を使う方は、その代理店の経営状態まで気にしたほうがいいかもですね。

150人も社員がいない会社で負債が150億以上ですから、社員の中には「なんで経営できるんだろう?」と思ってた人も多いはずです。今後は破産手続きですので真相は闇の中になりますが、被害にあった方々に1円でも多く返還されることを祈ります。

gq1023 at 04:47│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by むーみん   2017年03月29日 06:55
てるみくらぶの倒産はどう考えても計画倒産としか思えませんね。
たぶん資金繰りは数年前から綱渡りがここ一年で自転車操業になったのでしょうね。
決算書を複数作っていることからも経営陣がデタラメであることが分かります。NET通販が売りだったのが、数年前からNET情報ではなく新聞広告の露出することが激増したことから変でしたね。大手だけでなく地方紙まで広告していたので変だとは思いました。
現金一括払いセールがとどめだったのでしょうね。1月は未だクレジット払いが出来ていてその実施は6月だった。それは欧州二人24万円破格です。クレジットの手数料は1.5〜4%程度ですから赤字です。
新聞広告を激増させた時から倒産を予定しています。海外でウロウロさせられる客も可哀想ですが、80人しかいない会社で50人の新卒採用は異常ですが、これも粉飾の一部でしょう。

真面目にコツコツしてる旅行社が可哀想です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字