2017年03月15日

韓国の野球環境

tonde韓国プロ野球って現在は10チームありますが、まあ街中でプロ野球チームの帽子をかぶってる人なんて見ません。というか野球自体をやってる人がほとんどいない。興味なしって感じです。

なぜか日韓戦となると「宿敵韓国との一戦」なんてアナウンサーは言いますが、韓国の高校野球チームは70校以下。そこから650人のプロ野球支配下選手が出て来るわけで、日本の4千校以上という規模とは全く違います。

ただ、日本ではズブの素人コーチも沢山いますが、さすがに韓国ではそんなんじゃどうにもならないので、経験者がしっかり指導するので、最終的にトップレベルに達する選手は日本球界やアメリカ球界でも通用するレベルになってますが、底辺のすそ野が全然違うんです。

高校に入って野球をやってる人は野球エリートなんですね。プロ出身の監督やコーチがいて、プロ顔負けの設備があって、一年中ガチンコのリーグ戦が行われて、そこで活躍するとプロ野球チームにストレートに報告が行く。まあ日本で言う二軍みたいなもんですね。

私たちの時代は、在日韓国人のスペシャルチームが結成され、韓国高校野球の大会に出場するのが当たり前になっていて、それらに出場した選手が日本のプロ野球で活躍するのも多くありました。中日の正捕手だった中村武志選手は有名ですよね。この大会に優勝してます。

韓国ではプロ野球ってのが盛り上がってないかわりに、高校野球が盛り上がってたのに、その中心であった東大門野球場が廃止されたんですよ。洋服とか買いに行くと屋台が出てたでしょ。あそこが東大門野球場ですよ。今は建て替えられてドーム球場になってます。

高校野球の甲子園や大学野球の神宮がドームになっちゃった感じです。そもそも東大門野球場が建て替えになった時点で、誰も野球に接する機会がなくなりました。もったいないですが、それが今の韓国野球事情の現実です。高校の野球チームも10以上減ったはずです。

そんなわけですから、韓国は日本の宿敵ではなく、圧勝しておかしくないと言った方がいいと思ってます。ぶっちゃけどうでも良くて、昨日のキューバ戦も見てないんですがね。まあ微妙な韓国野球事情でした。

gq1023 at 07:22│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字