2017年03月13日

WBCの出場選手が良く分からん

67c4ac82.jpg昨日、中華料理屋ではじめてWBCを見て(4回裏まで)ビックリしたのですが、オランダってえらいスーパースターだらけじゃないですか!なんで?って感じだったので調べてみました。

昨年前半戦、レッドソックスで「イチローを超えるか!?」と話題になったボガーツ。 カリブ海のアルバ自治領サンニコラス出身。

ヤンキースで引退したジーターの代わりに登場したグレゴリウスは、なんとアムステルダム生まれ。ただし、お父さんがカリブ海のキュラソー島出身で、すぐキュラソー島に帰ったので、そこで育ったようです。アルバの隣の島でした。

オリオールズで昨年レギュラーに定着したスコープもキュラソー島。元メジャーの兄弟もオランダ代表になってます。バレンティンも同じ、そういうことだったのかー。要するにオランダ領ってことですね。

バンデンハークはオランダ本国なんですけど、カリブ海出身の選手がこんなにいるんですね。それは知りませんでした。

正式なルールでは、「生まれた国」「永住許可or国籍を持ってる国」「親の国籍の国」「親の生まれた国」ってことだそうで、イスラエルが強いのもイタリアが強いのも、要するにアメリカ人なんだけど、ルーツがイスラエルやイタリアって方が多いそうです。

それは面白いですね。バリバリのメジャーリーガーがいろんな国の代表で出てるんですね。日本人メジャーリーガーも出ればいいのに。なーんて気軽に考えがちですが、日本人メジャーは契約金高いですから、こんな試合に出ちゃダメって付帯条項が付いてるんでしょうね。

勝敗はさて置き、久々にちょっと興味を持ったWBCでした。結局もやもやサマーズ2を見たので結果は知りませんでしたがね。

gq1023 at 05:32│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字