世界とのつながりを創り出す場ヤマト運輸のワガママとアマゾンの古さ

2017年03月08日

ガラケーに戻しまして・・・

8e39fee5.jpg家族で出かけた際に、メガネ店の店頭にあったセルフの視力検査機で計ったら、なんと視力が0.5と出ました。2.0からの劇的な低下です。

で、ちょっと気になって眼医者に行ったら「スマホ老眼じゃないですか?」と言う。でも手元は見えるんですよと言ったら、「単焦点になってるんです」ということで、検査すると視力は0.7で、明らかに問題がありました。

そこで自分でチェックしてみると、スマホを見ている時は左目だけで、遠くを見ている時は右目だけで見てることに気づいたんです。1週間ほど眼帯で片目を覆って逆の目を使うように意識した所、ちょっと視力に回復傾向が見られたので、ガラケーに戻しました。

戻して10日間ですが視力は1.5に回復しました。別にガラケーにしたから視力が回復したとは思いませんが、画面が小さいので何かを検索しても読めないから検索しない。ゲームは最初からインストールできないからやらない。要するに画面を見ることが激減しました。

結果としてLINEもフェイスブックも見なくなってきて、何にも見ないからバッテリーも長持ちする。いろんな意味で一定の効果が出て来ました。

このスマホ老眼って若い世代にも多いそうです。人によってスマホに焦点を合わせる方法が違うそうで、人間の目にとって厳しい「近くを見る」って行為によって、いろんな問題が報告されてるそうですが、具体的な症例になるほど明確化してないそうです。

私の場合は、近い所が見えやすい右目だけでスマホを見るようになって、右目が近距離専用になったので、全体バランスが崩れてたんでしょうねえ。両方の目で近くを見るようになって遠くが見えなくなる人や、近くだけ見えない人もいるそうです。

人間、普通は発行体を見たらまぶしいと感じるようになってるのに、それに反して光る画面を見続けてるわけで、それも太陽光にも負けないほどの発行体を凝視してるんだから、いろんな意味で目を酷使してたのかもしれません。

日経新聞もスマホで電子版を読んでたのですが、どうせ新聞が家に届いてるんで、本紙を読むことにしました。本紙を読むと、周辺の記事も読むから情報量は多くなりますね。ちょっと別の発見もありました。

ちょっとSNS等から遠ざかりますが、契約の2年縛りがありますので、当面はガラケーで行くことになります。時代に逆行しててすみません。動作確認用のスマホは何台か持ってますので、アプリ開発には支障ありません。念のため。

http://nazenani-komichi.net/5286.html

gq1023 at 05:30│
世界とのつながりを創り出す場ヤマト運輸のワガママとアマゾンの古さ