地下鉄における防火設備とスプリンクラーテレビ宮崎と親父

2017年02月25日

グルメンピック企画会社が破産

1月20日に突然開催延期が発表され、詐欺ではないかとの話しが多数出て、報道にまで波及した例のグルメンピックですが、企画会社の大東物産株式会社が破産開始決定を受けました。

グルメンピック2017と題して、本来なら2月13−17日と20−24日に東京・味の素スタジアム、2月17-24日に大阪・舞洲スポーツアイランドで開催となっていたのですが、なんで土日避けてるねんみたいな日程だったので、出店者が集まらないのは確実視されていました。

500近い店が出店料を払った様子で、まあ相当数のキッチンカー屋さんや飲食店が引っかかってます。どっかの飲食イベントの出店リストが流用されたようで、直接連絡が来たと言う方が非常に多いのが特徴です。

じつは1月23日に「出店料は2月末までに返す」と明言していたのですが、その間に破産する事を狙ってたんですね。完全に法的にもしっかりしている計画的詐欺と思われます。

それにしても、普通の取り込み詐欺なら何らかの信用を勝ち取ってからやるものですが、何のキッチンカーイベントもやったことない会社を信じるのっておかしいと思いますよね。フードイベント業界ってそれが当たり前なんです。元々やばいんですよ。

なんか「なんとか協会」とか「なんとかライブフェス」とか「なんとか食フェス」なんてタイトルが付いてれば、あとは日程と場所だけ確認して出店申込書を書く。書いたら連絡が来るのを待つ。毎週イベントだらけだから、出店者も追いつかないんでギリギリまで問題は露呈しません。

まあ設営業者も安い所を使うんで、ぜんぜん食品衛生法や屋外広告物条例とか知らないし、どうせ短期間だからとドンドン出たとこ勝負でやっちゃう会社も多く、我々のようなプロのイベント会社から見ると「ひでーな」ってのも多いです。

ただ、今回のはすごいですねえ。最初から開催しないつもりだったのではないでしょうか?そう思われても仕方ありません。だってやるなら事務局が立ち上がってて、店内設備の図面提出やレンタル物の取りまとめやってるはずですが、やってた形跡はありません。

保健所と警察署と消防署に届け出がなければ開催の意図がなかったと言われても逃げられませんよね。ただね、開催するつもりだったとしても、場所と日程が最悪すぎます。味スタ?舞洲?そんなとこに人なんて集まりませんよ。味スタなんて平日だけですよ。あり得ない。

発表によると、負債は債権者510名に対し1億2340万円。そのうち、508名・1億2202万円がグルメンピック2017の出店予定者だそうです。出店料以外は140万ほど。何パーセント返せるのか分かりませんが、数万円づつでも返金されることを祈ります。

http://www.daito-b.com/
https://www.gourmetmpic.com/

gq1023 at 04:26│
地下鉄における防火設備とスプリンクラーテレビ宮崎と親父