対馬の寺から盗まれた仏像は倭寇が韓国から奪ったものイズミヤが関東撤退

2017年02月07日

富山競輪場の木庭賢也さん

a13bf43b.jpg日本写真判定と言う会社が、富山競輪場のトータルマネジメント業務を請け負っているのですが、それで送り込まれているのが元競輪の有名選手である木庭賢也さんです。それが来年度は契約更新されないことになりました。

木庭さんは非常に優れた解説者で、投票情報が重要とされる競輪において木庭さんの情報が生で得られる富山競輪場は貴重な存在でした。ただ、売上の低下が止まらない中で、何らかの根本的対策が必要となり、見た目の変化も必要で契約更新しないとなったのでしょう。

ただ、一人の人間の人生がかかってるような話しを、ギリギリでやりますか?「来年度も数字が上向かなければ契約更新しない」って言うなら分かりますよ。2月に入ってから来月末で打ち切りって言います?

施行者の富山市ってそんなことやる?森市長ってそんな人?誰がこの話しの中心にいるんでしょうか?木庭さんは競輪解説だけでなく、草の根的に競輪に親しみを持ってもらえるように活動してましたよ。市民広場前で自転車教室とかやってたでしょ。

元々は九州の方ですよ。しかも東京に家があるのに富山に移住する決断して頑張って来てるのに、もうちょっと配慮ある形での行動できなかったかなーって感じがしてます。

私は競輪場に行ったら、最初の2レースは5963(ゴクローサン)をボックスの3連複で買います。4通りですから400円。これで勝ったらそれが軍資金。負けたら上限2000円で残り1600円を真剣に考えます。それでも勝つ時は100万超えますからおもしろい遊びですよ。

木庭さんほど話せて知識のある競輪人はなかなかいませんから、もちろん仕事は見つかるでしょうが、できればあと1年富山競輪場で続けて欲しいし、切るにしても賃貸の事務所解約ですら3か月とか6か月前予告が原則なんで、競輪界の功労者には手厚い待遇を期待したい所です。


gq1023 at 08:02│
対馬の寺から盗まれた仏像は倭寇が韓国から奪ったものイズミヤが関東撤退