久々にテレビ見たらまだ豊洲新市場だって???天下りがダメで世襲議員はOK

2017年01月26日

つまみ式グラフ表示器と朝礼

d530c1c0.jpg営業の日課は朝礼。「おはようございます。本日1月26日木曜日の朝礼はじめます。では昨日の営業報告と今日の営業予定。井上さんからお願いします。」「井上です。昨日成約1件21万円・ホット客2件24万円、本日アポ4件・ご契約1件11万円以上です。」ってな感じですよ。

それに欠かせないのが「つまみ式グラフ表示器」です。獲得名刺件数、成約件数、売上なんてのをグラフ表示する板ね。営業マンは、この棒グラフの前で朝礼をさせられ、所属長に「売れ!売れ!売れ!売れと言ったら売れ!売らないヤツは去れ!」と言われ続けるのです。

これ、どこでも同じだと思うんですよ。ぶっちゃけますが、じつは電通にはそんなのなくてビックリしたんですけどね。まるでブラック企業呼ばわりされてますが、じつは全くノルマなかったです。私は普通の営業会社から転職でしたので拍子抜けしました。

まあ銀行マンや証券マンはこの朝礼だけでバンバン辞める。研修期間中に辞め、配属先で辞め、数年後には大量にいなくなります。普通の精神状態ではできないことばっかりやるわけですからね。少子高齢化ですから老人から金をまき上げるのが仕事なわけで、確かに心苦しくなるのは分かる。

私は電通方式の「ケツを叩かない」ってのが好きで踏襲して来ましたが、ケツを叩かないと動かない人がいることも分かって来ました。そして今は素晴らしい税理士さんのおかげで、「収益貢献度の低い人は年収の多い順にカットしてください」と、私がケツを叩かれてます。

社員には見せませんが、当然社員ごとの会社貢献度ってのはグラフになってて、トータルの人件費と収益もそうですが、年ごとの評価も出てます。会社を維持するのに必要な経費が人件費以外で年間3000万ぐらいですかね。月に250万ですから、社員10人で割って1人25万は人件費以外に稼がなきゃいけない。

手取り30万だと社会保険料等の会社負担分と通勤手当を加えて月額55万ほど。賞与が年間2か月分支給とすれば均等割りすれば1人あたりの人件費が65万で、会社維持経費が25万の90万円が、ギリギリ社員として残していいかどうかの分かれ目です。

実際には総務系社員が必要なわけで、今はそれを全部私がやってるけど、そのために専任スタッフを2名雇えば、会社維持経費が1200万増えるので、1人の最低利益ノルマが100万ですね。2名常駐させて欲しいと言う会社があれば、2400万の年間利益が最低条件です。

実際には、それ以外に社長やら幹部やらの働かない人の経費も加えるわけで、それが年間1500万円(=月額手取り75万の年間賞与合計200万)で2人いればプラス3000万。1人月額25万プラスです。2名常駐なら3000万の年間利益が最低条件ってことですね。

メガバンクだと、この数字がもっともっと大きくなる。家賃もすごいし派遣社員の給料もすごい。窓口の人だってキョーレツなノルマを与えられます。その基本が、この「つまみ式グラフ表示器」っすよ。「営業の見える化」グッズです。

これ、導入しようか迷ってるんですよねえ。だって会社から受け取ったトータル金額って本人意識してないでしょ。会社がかけた経費って意識してないっすよね。でも会社は意識してる。誰にいくら使って、誰がいくら稼いだかを在籍期間通して見てる。

ただ、今後会社を大きくして行くにあたっては、経営者の私は経営に徹して、営業には営業の管理職を付けることになる。管理職には生涯経費&賃金のトータルがマイナスにならないようハッパかけるから、当然管理職から現場へは強烈な激が飛ぶ。

「清く・やさしく・美しく・ガッチリ」が目標の私にとっては、とはいえ理想だけ追ってる場合じゃないので、現実と言う物を見据えた「新しいやり方(=ごく一般的な方式)」を採用するかどうかの瀬戸際になってます。まあ、いろいろ大変ですなあ。頑張りましょう!

gq1023 at 04:53│
久々にテレビ見たらまだ豊洲新市場だって???天下りがダメで世襲議員はOK